2013年08月12日

あなたはそれでも「ザトウを殺させろ」と南半球の人たちを脅しますか?

◇あなたはそれでも「ザトウを殺させろ」と南半球の人たちを脅しますか?

■イッテQ!カレンダープロジェクト 7月編 オーシャンズ金子 〜バブルネットフィーディング
http://www.ntv.co.jp/q/oa/20130811/02a.html


 映像は大変見事でした。
 これまでも海洋野生生物特集はかなり運に恵まれている同番組ですが、NHKより低予算・短期間の取材で貴重な絵が撮れているのは、あからさまな捕鯨擁護番組を制作したり、偏向報道ばかりしている局との差といえるかもしれませんね・・
 「行ってQ」のライバルNHKが制作したザトウの映像については、リンク先の過去記事一番上をご参照。
 水族館とのタイアップ企画などやや残念な回もあるのですが、海棲哺乳類はじめ野生動物の生態については的確に要点を押さえて茶の間に紹介してくれており、同番組はバラエティにしては結構良質。
 実は、チャタム海峡のこの群れ以外でも、バブルネットフィーディングが見られないわけではありません。一番洗練された漁≠行うのがこの25頭のチームなのですね。チンパンジーのアリ釣りやシャチの狩り同様、群れごとに差のある野生動物の後天的社会行動、すなわち文化≠フ典型例として、今後より詳しい研究を進めていってもらいたいところ。
 少なくともそれは、南極産ナガスの尾の身のようなガラクタ食ブンカに比べれば、はるかに重要で価値のある文化に違いありません。


 みなさんは一連の映像を観て、「南半球のザトウクジラも俺たちの食い物だ。四の五の言わずに殺させろ」とオーストラリアやニュージーランドの人たちを脅している国があることに、胸の痛みを覚えませんか?


 「行ってQ」よりシャッタータイミングと画質はだいぶ落ちますが(汗)、アラスカのザトウのフィーディングの写真が過去記事に貼ってあるのでご堪能あれ。

−アラスカのザトウ (拙ブログ過去記事)
http://kkneko.sblo.jp/article/57560187.html


その他参考リンク:
−NHK、少しはクジラの宣伝もしたけど、捕鯨業界礼賛偏向番組にはかなわず・・ (〃)
http://kkneko.sblo.jp/article/32112197.html
−ザトウクジラの社会性 (〃)
http://kkneko.sblo.jp/article/24045343.html
http://kkneko.sblo.jp/article/24090035.html
−シャチとザトウクジラの深すぎる愛 (〃)
http://kkneko.sblo.jp/article/60552101.html

posted by カメクジラネコ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然科学系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72321767
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック