2013年08月11日

エゾシカよりオスプレイを駆除したら?

◇エゾシカよりオスプレイを駆除したら?

■釧路湿原のエゾシカ捕獲へ 急増でタンチョウへの影響も
http://www.asahi.com/national/update/0808/TKY201308080308.html


 環境省は、ジュゴンが過敏になり、餌場を放棄するのを恐れて、オスプレイを駆除しないの? ビョウドウな<Aセスメントをしたの?



◇恣意的な法解釈が大得意な捕鯨ニッポンにICJで勝たせていいの!?


■海外で武力、認める余地ない 解釈改憲は邪道 阪田雅裕・元内閣法制局長官に聞く (8/9,朝日)
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201308080619.html?ref=reca


 国際司法裁判所は、調査捕鯨裁判の裁決を下すに当たって、日本の二枚舌、恣意的な法解釈・運用(憲法含む)の実態にも十分留意すべきでしょう。
 以下もご参照。

−ICJ調査捕鯨訴訟の核心─憲法とICRW
http://kkneko.sblo.jp/article/70152801.html
−動愛法2条適用問題
http://kkneko.sblo.jp/article/70657008.html



◇異(食)文化への無理解で世界に恥をさらす捕鯨ニッポン


https://twitter.com/Ikuya_Ueta/status/366163224908939264


長崎市は「トルコライスの日」を制定したが、トルコ大使館に「イスラム教とは豚肉を食べません」(当たり前です)といわれ、やめたそうですね。(引用)


 親日国トルコに対してまたしても失礼なことを・・。よその国の創作寿司メニューにはいちゃもんつけるくせに、自分たち以外の文化圏の食文化に対しては恐ろしく無理解な捕鯨ニッポン。


参考リンク:
−聞いてあきれるデントウブンカ・長崎編
http://kkneko.sblo.jp/article/14632407.html
http://kkneko.sblo.jp/article/16409364.html



◇食ブンカなんてその程度の代物です


■東京都も対策に動き出した弁当の「路上販売」 新しい規制は必要か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00000407-bengocom-soci


 これも立派な行商文化、食文化。業者にとって死活問題なのも事実。国も都もこれらの業者に配慮し、《儲かる弁当販売&竢赴焉tを創設して、税金で赤字を穴埋めしてなどくれません。食文化は決して侵すべからざる聖域などではないのです。日本においてすら。
 鯨肉食はドングリ食と同じ。世界中のどこの国よりも命を粗末にしている、人口一人当り最悪の食料廃棄国が、ただの食材を地産地消≠ニいうかけがえのない上位に置くのは本末転倒。伝統文化に対する愚弄です。
 税金を注ぎ込み、国が消費を煽り、学校給食のメニューにまで無理やり加えて、南極の自然を荒らすことを、ブンカの名の下に正当化するのは、「傲慢な価値観の押し付け」「文化帝国主義・拡張主義」に他なりません。
 日本が海岸をコンクリで固め、自分たちの首を絞めるほど魚を乱獲しまくり、干潟や藻場を埋め立てて台無しにし、確たる証拠もなく野生動物を悪者扱いして殺し、大量の放射能を垂れ流し、海の自然を貧しくするのは、日本の勝手な価値観といえばそれまでかもしれませんが、太平洋に面する他の国々にとっては大迷惑。
 ましてや地球の裏側、南極海での話。日本とは比較にならないほど海の自然を大切にするオーストラリア、ニュージーランドをはじめとする南半球の国々は、近海を回遊する移動性野生動物を大切にする素晴らしい文化を誇っています。海辺の自然を厳格に守り、漁業の節度を保つことにおいても、日本よりはるかに格上。海を汚し、荒らしまくってはばからない尊大な飽食大国に、そのかけがえのない文化を一方的に踏みにじられるのを、どうして黙って見過ごすことができるでしょう?

 そのようなことは絶対許してはなりません。世界の恥です。


 新作『クジラたちの海──the next age』、悠宇耶編の3話になぜかアクセスが集中・・。何か検索で引っかかったかもしれませんが、ここに書かれているIT事情はいい加減なので、あまり真に受けないでください。この物語はフィクションです。。
 一月ほど寝かして文章を手直ししたあと、PDF版を作成し、その後いよいよ前作の英訳に着手する予定。
 ICJでAUS・NZが勝ってくれれば、余計な支出を強いられなくて済むんだけど・・・



 ツイッターの活用に支障が生じているため、来週中に司法対応を済ませる予定・・・

posted by カメクジラネコ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72287644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック