2009年05月15日

捕鯨の環境負荷・続々報/捕鯨ニッポンを影で動かす黒幕の正体(続)

◇民主党ちょっぴりヨイショ

■民主党代表選関連記事 (5/15,時事他)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090515-00000002-jij-pol (リンク切れ)

 あくまで個人的見解であることを前置きしておきますが、ここはもう一度鳩山さんにやらせてみてもいいのでは? “クリーン”も大切なことですが、岡田さんには小泉元首相主演の郵政民営化劇場選挙でボロボロに惨敗した印象がつきまとうんですよねぇ・・。あの時は「センスの差」が無党派層にそっぽを向かれた最大の要因だったのではないかと思います。これは岡田氏というより、民主党全体のイメージ戦略の下手っぷりにいえることですが。政策はもちろん一番大事ですけど、センスも決しておろそかにはできません。学習しているとは思うんですけどね・・。鳩山さん、「愛のある政治」はあんまし強調するとやっぱ無党派層にヒかれるのでは(--; NHKの大河ドラマじゃないんだから。。
 今回の代表選で党員投票を端折ったことや(筆者は党員じゃありませんが)、西松献金に関する説明責任の問題も残っており、民主党に対する国民の目はまだまだ厳しいものがあります。しかし、どちらの方が代表になるにしろ、懲りないヒトのスキャンダルもどこ吹く風といった感じで、KY・唯我独尊・学習能力なしの麻生首相よりは、やっぱりマシという意見が大方を占めるのではないでしょうか?
 鳩山さんが首相になった暁には、ぜひ「ある宣言」をして、対豪関係を劇的に改善し、一部のシンパを除く国民と世界中から拍手喝采を浴びる「後世に残る仕事」をしていただきたいもの。コストパフォーマンス的にも効果は絶大です。日豪関係に重大な支障を来たしているこの“トゲ”は、とある業界の広報戦略に国ごとはめられただけの、まったく無意味で不必要なものなのですから。捕鯨&水産ODA利権はゼネコンと天下り官僚支配の象徴に他なりません(あ、言っちった)。もちろん英断を下すのが岡田さんでも、政治をカネで動かそうとする抵抗勢力との決別を民主党として国民にアピールすることができるでしょう。ぜひぜひご検討くださいニャ〜m(_ _)m
 鳩山さん。応援しますが、奥さんの手料理はたとえアレでも食べてあげてください。そこまでしなくていいです。非消費産業の健全な育成と、対豪外交の正常化、南極撤退さえお願いできれば。


 

◇クジラ関連ニュースクリッピング

■国際交流:鯨肉縁に アイスランド人大学生ら、横浜・野毛を訪問 (5/13,毎日神奈川版)
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20090513ddlk14040263000c.html (リンク切れ)

 文化といってもお互いただの食習慣の話です。横浜は戦後、アイスランドはそれこそ近年。低レベル文化同士で交流・・。これでは両国の文化度自体が低いと言っているようなもの。
 開港資料館や氷川丸などと同じく、貴重な歴史資料としてだけ大切に保存してください。

■「くじらの町 太地マップ」を作製 和歌山・南紀くろしお商工会 (5/13,産経和歌山版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000035-san-l30 (リンク切れ)

 先日取り上げた『諸君!』2月号の富坂記者の記事もご参照。生きたクジラ・イルカとの共存を図る新しい文化と、持続性を無視して殺しに特化しただけの、古いようで実は歴史と切り離された文化と、一体どちらの道を選ぶのか、太地町民の皆さんの判断が問われています。水銀汚染の実態や血まみれの捕殺現場を隠したまま、真っ向から矛盾する「癒しショー」を観光の目玉にしようとしても、それはできない相談というものです。

■湾内に迷い込み潮吹き 体長15メートルのマッコウクジラ (5/14,紀伊民報他)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000000-agara-l30 (リンク切れ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000015-maip-soci (リンク切れ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000485-yom-soci (リンク切れ)

 大きな雄ですね。アップの鮮明な写真が撮れる機会だけど、喜んでる場合じゃなし。満潮で沖合に出てくれればいいのですが・・。関係者の皆さんも作業にはくれぐれもご注意を。

■クジラ保護で地震探査延期  サハリン2の事業主体 (4/28,時事)
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042801000820.html

 サハリン2は陸上の森林開発による猛禽類などの野生動物への影響も懸念されるのですが・・。ニシコククジラは日本と韓国による定置網混獲・密漁の影響も危惧されています。


 

◇「捕鯨がエコだなんて冗談キツイ!」続々報

 水産総合研究センターに問い合わせをしたところ、広報課よりご返事をいただきました。この件は水産庁遠洋課の委託だそうで、産経の取材も水産庁宛とのこと。取材"した"のか、"させた"のかはわかりませんが。
 現在遠洋課で担当した水産調査官の方からのご連絡を待っている状態ですが、水研センターにたいしても以下の質問をしました。

−「鯨肉は捕鯨船団の燃料だけですむ」という説明は。産経が間違えたのか、水研センターがそのような事実認識でいるのか。
−船舶からのCO2排出量計算は、最も正確な燃料法を使用しているか。
−調査船団から排出されるHFC、SOx、NOxその他の温室効果ガス排出、中積補給船の燃料消費、ボイラーの燃料消費、アイドリング時の燃料消費、鯨肉の陸上輸送・冷凍保管にかかる燃料消費・電力消費・冷媒漏洩にかかる温室効果ガス排出、各船の建造に係るLCA等を考慮しているのか。
−牛肉生産について、他の研究機関の公表数値の倍以上になっているのはなぜか。
−鯨肉・牛肉のそれぞれについて、温室効果ガス排出量削減のためのオルタナティブを明示しているか
 (例:牛肉については地産地消の推奨、メタンの回収と再利用等。鯨肉については沿岸捕鯨への転換等)。


 やりとりについては当ブログないし市民メディアさんで皆さんにご報告したいと思います。

■鯨肉は牛肉よりエコ?CO2排出量は10分の1以下 (4/24,産経)
http://sankei.jp.msn.com/science/science/090424/scn0904240100000-n1.htm (リンク切れ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090424-00000509-san-soci (リンク切れ)
■遠洋調査捕鯨は地球にやさしくない・日新丸船団、CO2を4万tは排出か?
http://janjan.blogjapan.org/living/0807/0807090629/1.php
■捕鯨がエコだなんて冗談キツイ! 大法螺ばっかり吹いてる水産庁の天下り団体と産経新聞
http://kkneko.sblo.jp/article/28686903.html


 

◇捕鯨推進は日本の外交プライオリティbP!?──IWC票買い援助外交、その驚愕の実態

 引き続きご注目&皆さんに広く情報をお伝えくださるようお願いいたします。

(1)水産ODA──アナクロな札束外交の象徴
http://www.kkneko.com/oda1.htm
(2)捕鯨支持国とそれ以外の国との間で見られる顕著な援助格差
http://www.kkneko.com/oda2.htm
(3)日本に捕鯨支持という踏絵≠踏まされる開発途上国
http://www.kkneko.com/oda3.htm
(4)捕鯨援助で本当に利益を得ているのは誰か
http://www.kkneko.com/oda4.htm
(5)補足:各捕鯨支持国の解説
http://www.kkneko.com/oda5.htm

 ちょこっと修正が入りました。外房捕鯨詣でをしたマリの新規水産ODA案件(予備調査後5年中断ののち初供与)についてコメントを補足。これを“エサ”に今年の総会に出席させようというのでしょう・・。あと、(2)の最初の方にある1994年から2008年までの15年間の水産ODAの総額の捕鯨支持国分を627億円(6割弱)としていましたが、652億円(6割強)に修正いたしましたm(_ _)m <表1>行末にある集計した数字が正解です。GPJ作成の資料が2007年までのものなので、その後加盟したタンザニアやコンゴ民主共和国などの数字が一部抜けていました。結果として、捕鯨支持国の比率が高くなったわけですが・・。
 日本の“勧奨活動”の詳細を解説したWikipediaへのリンクが抜けていたので、こちらも追加。ぜひこちらもお目通しを。他にも皆さんの方で何かお気づきの点があればお知らせください。



※追記:
 

 特定の反反捕鯨論者をあんまりケチョンケチョンにけなすと、ブッシュをやりこめるゴアみたく不評を買いますね(--;; ニンゲンというのは、やっぱり不合理な感情に動かされる動物ですから・・。
 アングロサクソン・反捕鯨団体に捌け口を求めているだけのウヨガキ君たちには、根っからの日本人である筆者を標的にしてもらう方が、各方面にかけるご迷惑が少なくてすむためベストなのでしょうが、筆者はやはり責任ある立場のヒトたちを相手にする方が性に合っているようです。1人2役なんて器用な真似もできませんし。外野の応援団は無視して(マデイラ総会も近いのでそんな暇もありませんし)、捕鯨サークル(コンサル・ゼネコン業界と関連外郭団体含む)の追及に専念することにします。

posted by カメクジラネコ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29146497
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック