2008年12月16日

ヤッターマンとクジラ

◇鯨肉在庫情報(15日の記事の補足)

 今年になって出現した奇妙な現象がもう1つあります。4月と5月に、在庫上位都市に突然川崎市船橋市が出現しました。替わって場外に姿を消したのが函館市と横浜市。
 JanJanの記事でも解説しましたが、船橋市は、今年に入って大幅に在庫が減少して順位を落とした釧路市に替わり、3位にまで浮上しています。両市とも人口は多いものの、漁業中心でもなければ西日本のいくつかの鯨肉消費地でもありません。船橋市は315トン、川崎市は85トン前後で、月毎に数トンの出入りがあるものの、ほぼ一定しています。
 これはすなわち、長期ストック用の冷凍倉庫を両市に用意したということでしょう。次の漁期分の入荷以降果たして動きがあるか、年をまたいでも消化しきれない分がどれだけあるか、今後の動きに注意したいと思います。

 
◇ヤッターアンコウに助けられたザトウクジラ・・・ 

 11/24日に放映された1時間スペシャルの回に、ちらっとクジラが登場したそう、です・・。湘南の海岸にこの時期ザトウがストランディングするというのも変な話ですが、とりあえず主人公が助ける展開だったということでまあよし、と。
 こども向けの文芸作品(サブカルチャー含む)では、日本においても他の動物に負けず"助けられ役"として登場することの多いイルカ・クジラ。近代もしくは古式捕鯨をモチーフに捕殺・流血シーンをストレートに描き、「獲物がとれてよかったね」「美味しく食べようね」という展開につなげるエピソードは、ごく一部の絵本以外、さすがにお目にかかったことがありません。そんなスプラッタな代物、子供は誰も見たくないし、親だって見せたくないよ。子供というより大人を意識した作りの、文化論・陰謀論をまくしたてる説教くさい解説が含まれる作品はゴロゴロ転がっていますけど・・。
 いくら外房捕鯨が解体作業を観光にしてがんばっても、業界発の偏向世論調査で数字が高く見えようとも、PRコンサルタントの発案した偽物の殺す文化≠本物らしく仕立てることに、土台無理があるのです。

■捕鯨カルチャーDB
http://www.kkneko.com/culturedb.htm
 
 ところで、実写版ヤッターマンの映画を春に上映するという話。ドロンジョ役が深キョンだそうな。。ぜっっったい似合わないと思うぞ(--;; 演技力ある人じゃないと。。にしおかすみこにやらせるニャ〜。
 
posted by カメクジラネコ at 20:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
豚が木に登り、失敗したお仕置きーーーで終わる奴ですね。昔、子守をしながら見ていました。実写ではどうやって豚を木登りさせるのだろう。訓練が大変だニャ〜。
Posted by beachmollusc at 2008年12月17日 18:44
>beachmolluscさん
最近の子供向けアニメは、オタク層特化か、レトロな作品のリメイク版で親子世帯をターゲットにする安全志向の2パターンに分かれそうです。。
敵の悪玉トリオ(ボヤッキー)の「来週こそは見てなさいよ!」という捨て台詞が、毎年のIWC総会閉幕時の日本代表団のコメントに似ているという話題があったニャ〜〜・・・・
Posted by ネコ at 2008年12月18日 00:29
またまたコメント失礼いたします。
古式捕鯨を描いた子供向け作品で思い出したのですが、最近では
「落第忍者乱太郎 44巻」
で取り上げられていました。
舞台は室町〜戦国ごろなので、古式捕鯨で生活に根付いた描写があって興味深かったです。
(その時代のものとして紹介されていたので、偏った意見等は見られません)
Posted by ちびた at 2010年01月24日 02:10
>ちびたさん
情報提供ありがとうございますm(_ _)m
ニュートラルな作品はうちのDBだと扱いが難しいですニャ〜(^^;
Posted by ネコ at 2010年01月25日 02:39
わわ、ごめんなさい。思い出したままコメントしてしまいました。
確かに事実(史実)を描写したものは、今の調査捕鯨とは直接関係ないですものね…(^_^;)ゞ
Posted by ちびた at 2010年01月25日 03:54
>ちびたさん
いやいや、うちのDBが定義上ああなっているだけの話なので。どんな内容であれ情報をいただけるのはとても助かります。捕鯨擁護論者は古式捕鯨から日本の捕鯨性善説につなげるプロパガンダを得意とするので要注意なのですが、こうしたニュートラルな作品が一方でもあるということも皆さんにお伝えするだけの価値があります。
どうもありがとうございました。
Posted by ネコ at 2010年01月25日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24416052
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック