2008年11月07日

捕鯨をめぐる勢力図/賛成派と反対派の属性

◇オバマ氏大統領当選

 おめでとうございます。期待しすぎはしませんが、アメリカがちょっぴりでもマシな国になりますように・・


 
◇捕鯨をめぐる勢力図/捕鯨反対派と捕鯨推進派の属性

 今年のIWC総会が終わって一段落し、世間の話題は捕鯨から遠ざかりましたが、この辺で捕鯨反対派と賛成派のスタンスの違い、その中での筆者の位置づけを、改めて明確にしておきたいと思います。
 まず、情報・データと、主張・解釈は明確に切り分けましょう。当方のHPコンテンツ及びブログ記事は、情報とその出自を明記したうえで、「捕鯨反対」の立場から、それらのデータの解釈や主張を展開しております。中立派のフリをしたことなど一度もありませんし、主体的判断に基づく個人的見解を、あたかも客観的・俯瞰的情報であるかのように装うこともしていません。外野の捕鯨擁護派の大半は、コレにあたりますが・・。
 そのうえで、「賛成派と反対派のそれぞれの主張を比べてみてください。一方に耳をふさぐのはやめましょう」と申し上げているのです。ついでにいえば、脳ミソがベーコン化してしまったヒトの意見を変えることは、端からまったく期待しておりません。捕鯨問題に興味があり、賛成派がどんな主張をし、反対派がどんなことを言っているのかを、マスコミなどからの又聞きではなく、自分で確かめたいという方に向けて、情報発信しているわけです。
 真に中立の方であれば、まず「なるほど、捕鯨反対派の中にはこんな意見があるのか」と受け止めるでしょう。拙HPやブログを読んで、カチンときたり、挑発的だと感じたりするヒトは、間違いなく既にご自分の思考がある程度固まっている方です。そういう方には、自身のスタンス/立ち位置を確認することをオススメしたいと思います。
 というわけで、本日はチャートを3枚ほど用意しました。結構ラフなものなので、みなさんからも修正・補強の提案がありましたら、ぜひHPの感想フォームにてお寄せください。「私はこの辺です」という申告でも結構です。ただし、賛成派/反対派のヒトが中立を名乗っても、当然載せませんので・・。
 実は、総会後の7月に2chVIPスレから当サイトにリンクが張られていたのを発見。"消極的賛成派"を名乗るスレ主の方は、消極的と言いつつ大変な入れ込みようで、自分で独自に資料を集めグラフまでいくつも作成されていました。都合の悪い情報には見ざる聞かざるのそこら辺のウヨガキ君たちとは一線を画すもので、捕鯨賛成派の"主流"がこのレベルだと、拙サイトとしてもウカウカしていられない感じです(汗) まあ、それでもいろいろ穴はあるので、ツッコまれた部分は近々ツッコミ返しとかなければと思っていますが・・・

chart1.png

chart2.png

chart3.png
posted by カメクジラネコ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22515238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック