2008年07月03日

法と正義その2

■鯨肉窃盗:グリーンピース「捕鯨実態ひどい」−−簡裁・拘置理由開示 (7/2,毎日青森版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080702-00000031-mailo-l02 (リンク切れ)

http://megalodon.jp/2008-0703-0003-56/mainichi.jp/area/aomori/news/20080702ddlk02040019000c.html
 

 先日逮捕されたGPスタッフの拘置延長理由開示を伝えた捕鯨報道。メディアランキング最優秀賞は毎日新聞に決定。"犯行の動機"に関する2人の容疑者の陳述を的確にまとめてくれました。記事が青森地方版で、全国版では該当部分が削られているのは残念。
 問題は、青森簡裁・西山裁判官の「組織性、計画性の有無、程度、実行の経緯、共犯者との役割分担など、適正な捜査を進めるうえで重要な事実について罪証隠滅の恐れがある」という拘置理由の説明(〜産経)。ここには明らかに裁判官の予断が含まれています
 今回2人は窃盗罪で逮捕されたわけですが、鯨肉を食べるなり換金するなりの目的で盗んだのであれば、わざわざメディアを集めて盗んだ鯨肉を披露し、東京地検にそっくり渡してしまったのはただのバカということになります。だから、弁護士も不法領得に関して説明しているわけですが。
 適用された窃盗罪の、肝心の"窃盗"の理由・動機について、この裁判官は一体どう考えているのでしょうか? 彼らの動機については、彼ら自身の一連の活動が示している以外、解釈の余地がありません。なるほど、パフォーマンスという見方はあるでしょう。しかし、それが非難に値するかどうかは、彼らの行動が明らかにした調査捕鯨の様々な問題点が事実であるか否かによります。事実であれば、世界中の人々に広く周知されるべきで、パフォーマンスはむしろそのための有効な手段というべきでしょう。
 横領・流用疑惑が不起訴とされた時点で、マスコミの多くが、あたかも日本の調査捕鯨に何らの問題点もないかのように勘違いしてしまっています。しかし、既に述べたように、「嫌疑不十分」ではなく「嫌疑なし」とした以上、東京地検が調査捕鯨のはらむ問題の核心に迫る前に、真相を解明する作業を放棄してしまったことは明白です。GPが暴こうとした真実は、再び闇に葬り去られようとしているのです。
 しかし、どうやらこの裁判官は、わかりきった動機を端から疑ってかかっているようです。GPが自ら東京地検や青森県警に資料を送って説明した以外に、何かがあるとでも勘繰っているようです。鯨肉を盗んで報道機関に公開して検察に渡すことが、何らかの反社会的活動テロの準備段階の1つだとでも思っているんでしょうか? まあそうだとすれば、計画性も何もあったもんじゃないですけど・・。検察をいったん信用させて、次に渡すときは鯨肉の中に爆弾でも仕掛けるとか? テロリストがそんなお気楽なマヌケばっかりだったら、世界はどんなにか平和でしょう。。共犯者との役割分担? どっちが右端でどっちが左端を持ったかとか、そんなくだらないことが代用監獄における人権侵害より大事なことなんでしょうか・・。10日拘置期間を延長したところで、2人の言葉が真実である以上、供述は変わりようがありません。
 ただ、ここまでやった以上は、さっさと英国と豪州のGPIのスタッフの身柄請求を2国に対して出すのがスジというもの。日本の官憲は、ネット上にたむろするヨワヨワなネトウヨみたいな意気地なしじゃないんでしょ? 今回の窃盗罪に関して、GPの提出した資料に付け加える新たな事実が一つも見つけられなかった場合、拘置延長要求をした青森県警とそれを認めた青森簡裁は、自分たちの判断ミスと見込みの甘さ、偏見をもって捜査にあたったことについて、きっちりと謝罪すべきです。
 全国の刑法犯罪312万件のうち窃盗は55%、およそ170万件に上ります(H17年・H18犯罪白書)。その99%以上は、犯罪の発生も、犯人の逮捕も、裁判も、地方版の片隅にすら掲載されることはありません。ましてや、テレビニュースで顔まで映し出される窃盗犯が一体これまで何人いたでしょうか? 人情泥棒とかくだらんワイドショーネタならいざ知らず・・。最近は組織的な窃盗もかなりの割合にのぼるはずです。それらの犯罪集団がマスコミやネット右翼の集中攻撃を受けたことがあったでしょうか? 被害金額もさることながら、不法領得の意思がない点でも、納税者としての怒りと国を貶める環境犯罪に対する義憤に突き動かされ、巨大な組織の闇を暴こうとした動機の点でも、2人の犯した罪はこの170万件のうち最も軽いもののはず。東京地検が横領疑惑の追及を途中で投げ出すのであれば、起訴猶予が当然ではないでしょうか。

 

 こちらのサイトに、2人の容疑者の青森簡裁での意見陳述が掲載されています。
http://kujiragp.jugem.jp/?eid=33
 正直筆者は、事実と論理がすべてだと思っており、携わっているニンゲンの"人間性"を前面に出して共感に訴えるというやり方が嫌いです。もっとも、結果と実効性を考えるなら、そのほうが大いにプラスに働くのが現実であり、それがニンゲンという社会性哺乳類のサガなのは仕方のないことでしょうけど。ロンリ、カガクと口にしながら、センチメンタルな愛国心に訴えることが得意なのは捕鯨業界サイドのほうですし・・。
 それでも、今回の逮捕の問題を論じるすべての人は、2人の言葉に必ず耳を傾けるべきだと思います。信じる信じないは読むヒトの勝手です。しかし、まるで2人が仲違いを起こしたかのような愚劣な嘘(仮に、警察・検察の調書の内容が外に漏れてきたのであれば、明らかな犯罪ですけどね・・)を平気で掲示板や他人のブログに書きなぐっていく性根の腐ったネトウヨ連中とは、人間性の点において比較にならないでしょう。2人に窃盗罪の前科を科すのは、2人の恥ではなく日本という国の恥です。
 2人は「反省すべき点は反省している」と言っていますが、そんな台詞を吐く必要があるとは思えません。少なくともそれは、"向こう"が反省した後で言うべきことです。科学とは名ばかりの調査捕鯨を続けてきた日本政府と、その内幕を暴きだす能力と意志のなかった無能な日本のマスコミが反省した後で

 筆者は何度も断食経験がありますが、もともとモヤシなのであまり長くやると全身に激痛が走って寝返りも打てなくなるんだよね・・。拘置所という劣悪な環境でハンストを9日やりとげる強靭な精神力はたいしたものですが(口先ばかり威勢のいいウヨガキどもには到底真似できないことです)、命は粗末にしないでほしいと思います。船員の不自然な自殺に沈黙したままのどっかの会社とは違うんだから。

■「調査捕鯨をもっと風通しよく」―星川淳グリーンピース・ジャパン事務局長インタビュー
http://goodnews-japan.net/news/blog/2008/06/28/3461
■調査捕鯨「どちらが違法か考えて欲しい」グリーンピース・ジャパン
http://www.news.janjan.jp/living/0807/0807011014/1.php (リンク切れ)
http://janjan.voicejapan.org/living/0807/0807011014/1.php
■グリーンピース・ジャパン2名の不当勾留に抗議
http://www.labornetjp.org/news/2008/1214658419904staff01
■Release our activists! | Greenpeace International
http://www.greenpeace.org/international/news/activists-arrested-200608/release-our-activists

posted by カメクジラネコ at 02:09| Comment(11) | TrackBack(1) | 社会科学系
この記事へのコメント
金田一の友人の古畑でございます。 実は、金田一に代わり、コメントしておりました。 さて、こちらのコメントの中に、窃盗の構成要素を知れとのものがありましたので、わかりやすくこちらのページを参照させてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%83%E7%9B%97%E7%BD%AA
・実行の着手 ---他人の財物に対して占有侵害の危険を含む行為を開始した時点
・既遂時期 ---他人の占有を侵して財物を自己の占有に移した時点 とあります。
さて、話題の件において、実行の着手で定義される「他人の財物」の「他人」とは、誰であるかであります。運送会社はもちろん、これにあたりません。では荷主はというと、この方はどうやって、財物を占有するに到ったのかということが明確ではありません。国税で賄われた費用で行ったものの取得物は「国民のもの」であるので、通常は「国」のものとして、まず保管されるでのすが、どうやってこれは占有されるに到ったのか。  これが不明確であれば、この事件の実行の着手を行ったのは「荷主」の疑いが生まれます。
続いて、既遂時期にて定義される 「財物を自己の占有に移した時点」の自己とは誰か? 検察に「財物」証拠物件として届けられたわけですから、「財物は」検察が占有したのでしょうか? 違いますよね、国に戻された「財物」は本来の持ち主に返されたに等しい。 では、これが荷主によって、自宅などに予定どおりに送られた場合は、「財物を自己の占有に移した時点」とならぬのでしょうか? 「窃盗の構成要素」を考えれば考えるほど、何故、金田一が「窃盗容疑」でパクられるのかが、わからぬのですなぁ。
いやぁー、今回の件、ナチスドイツから盗品を奪い返すことに尽力された、インディアナ・ジョーンズ博士にも協力を仰いでおくのだったと、金田一は申しておりました。であれば、国内だけでしょっ引くことはできなかったでしょうから。 他国を巻き込んで、国際的な法の見解を求めれば、おかみの問題も少しは明解になったかもしれませぬと。
Posted by 古畑任三郎 at 2008年07月03日 02:39
>古畑先生
ええ、かの有名な古畑仁三郎先生にお越しいただけるのは光栄の至りであります。単純な窃盗で片付けられない特殊なケースである以上、専門家からももっといろいろ異論が出てきていいはずですよねぇ。やっぱりさっさとGPIスタッフも逮捕させて国際論争にまで発展させたほうがいいですニャ〜。
(すみません、ウヨウヨのせいでコメント数上限に引っかかって、せっかくの貴重なご意見が表示できなかったようなので、こっちに転載させていただきましたm(_ _)m)
Posted by ネコ at 2008年07月03日 02:48
http://kujiragp.jugem.jp/?eid=33

についているコメントたち。いい加減にして欲しいですね。

このコメントたちって、政府の人間がつけているのかしら?とも思ってしまう今日この頃...。
Posted by Y at 2008年07月03日 19:00
> 事実と論理がすべてだと思っており

窃盗が事実なら刑に服せ。捕鯨がどうとかは関係ない。窃盗罪にあたるかどうかの問題だ。
Posted by 本質 at 2008年07月03日 22:39
>Yさん
応援団が自主的に書いているのでしょう・・(某協会等が動員かけてる可能性もありますが)。もっとも、2人の陳述と比べてみればわかるとおり、国家や組織に自己のアイデンティティを投影してよりかかっていないと不安で仕方のない、ある意味ではかわいそうなヒトたちだといえるでしょうね・・。

>本質さん
お前さん、そこ以外の文章をまったく読まなかったのか? 私のサイトは窃盗がどうとかは関係ないのだがね。吠えたかったらまず自分でブログを立てるスキルを磨きなさい。
大体、裁判も始まっていないのに刑も何もないだろう。まったくウヨガキどもはこれだから・・ITスキルの前に義務教育を受けなおしてくるべきだな。
Posted by ネコ at 2008年07月04日 00:24
>大体、裁判も始まっていないのに刑も何もないだろう。

船員さんも逮捕も送検も起訴も裁判も始まっていないのに横領罪もないもないわな。

あなたの言う「 I T ス キ ル 」とはレンタルサーバーのブログを書くことなのかな?

義務教育とは受けるものではなく、保護者が子に受けさせるものだがw
Posted by 本質 at 2008年07月04日 01:46
真夜中の応酬ですか、ご苦労さんです。

GPが海外ではポジティブに評価されているという話がコメントにありましたが、不思議に思いました。捕鯨以外にも過去の世界的な行動実績のおかげで過激団体というイメージは定着していたと思います。最近では方向転換したのかもしれませんが、今回の行動でも基本体質を露呈したと見ています。ただし、PETAのような団体もあるし、いろいろな団体があることはよろしいと考えます。

とにかく実質GPの最大のスポンサーが日本の水産庁であるというギャグ状態はいい加減に終わって欲しいものです。
Posted by beachmollusc at 2008年07月04日 08:52
>本質君
レンタルサーバーのブログのアカウント"すら"取得する能力がないから、他人のリソースを借りてゴミを撒き散らしているんじゃないのかね? 実際、HNを変えても管理者にはIPアドレスでわかるという基礎知識さえ君にはないようだが。君が言っているのは"教育を受けさせる義務"であって"義務教育"ではないよ。国語力がなってないんじゃないのか。だから小学校からやり直してきなさいといっているのだよ。

>beachmolluscさん
まあ、ガキンチョどもは寂しいだけなので適当に相手してあげりゃいいんですけどね。。もっとも、若いもんがこんな非生産的な時間の潰し方をしてるようじゃ、この国はお先真っ暗ともいえますが・・。
GPはフランスの南太平洋での核実験に対する反対運動を展開していたとき、船を爆破されてカメラマンの方が亡くなった事件があったんですけどね。まあいってみれば国家テロの被害者だったわけです。この虹の戦士号爆破事件は結構有名なんですが。日本以外では・・。海外の市民から高い評価を受けているのは、その辺りもあるのでしょう。核アレルギーのはずの日本でえらく評判が悪いのは、むしろ不可思議なくらいです・・。
GPと同様に鯨研も寄付収入が結構あるようですし、応援団の鯨肉消費もありますし、お互い敵がいて成り立っている部分はあるといえるでしょうね。捕鯨問題の構図を「逆予定調和」「現代のルサンチマン」と指摘する方もいらっしゃいますし。
捕鯨擁護派はおそろしく誤解していますが、GPは基本的にコンサベーション団体で、WWF以上に動物には冷淡なところです。だから試食イベントまであえてやると。私としては、今回の件でバランスが崩れなければ、距離を置きたいとこなんですけどね。。
Posted by ネコ at 2008年07月05日 02:16
IPアドレスがわかったからってなんなんですか?
そんなのがITスキル?
教育を受けさせる義務が義務教育なんだよ。
小学校や中学校の不登校児も卒業できるだろ?
Posted by 本質 at 2008年07月05日 02:44
>大体、裁判も始まっていないのに刑も何もないだろう。

船員さんも逮捕も送検も起訴も裁判も始まっていないのに横領罪もないもないわな。

これにはどう反論するのかな?

グリーンピースが大々的に記者会見した、鯨肉の横領との主張は、検察の裁量で不起訴にしたのだから、不満があればさっさと検察審査会に不服申し立てをすればいいのじゃないかな。
Posted by 本質 at 2008年07月05日 03:22
>本質さん
不登校だったの? 学校なんて行きたくなければ行かなくっていいと思うけど、将来のために好きな学科は見つけといたほうがいいと思うよ。でも、国語はもう1回勉強しといたほうがいいニャ〜。
反論も何も上のブログ本文に全部書いてるから、もう一度読み返してごらん、書く前に。心配しなくても、GPは検察審査会に不服申し立てをしたみたいだよ。
Posted by ネコ at 2008年07月06日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16581796
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

誰のための捕鯨???税金はどこへ・・・・・
Excerpt: <p> もう昨日になってきたけど、報道ステーションの<br /> グリーンピース・ジャパン(GP)の2名の横領鯨肉に<br /> 関しての窃盗と建造物侵入容疑で逮捕にはビックリ! </p> <p> <br /> それも環境を売り物にしている..</p>
Weblog: billabong
Tracked: 2008-07-06 13:43