2008年06月25日

南極への異常な執着が示す捕鯨ニッポンの暗い闇

■身内に甘い農水省 飛騨牛取り締まる資格なし 調査捕鯨問題
http://www.news.janjan.jp/living/0806/0806230344/1.php (リンク切れ)
http://janjan.voicejapan.org/living/0806/0806230344/1.php
■窃盗口実NGOいじめ、警視庁公安部らグリーンピース・ジャパンを強制捜査・捕鯨問題で
http://www.news.janjan.jp/living/0806/0806200117/1.php (リンク切れ)
http://janjan.voicejapan.org/living/0806/0806200117/1.php

 昨日の筆者の記事に絡み、市民Webニュースが優れた横断的記事を掲載しています。

■IWC年次総会が開幕 小グループ協議の場目指す (6/23,日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080623AT3S2302023062008.html (リンク切れ)

「南極海のミンククジラの推定数が日本の調査捕鯨の結果、従来の76万頭を下回るとの報告もあった」(引用)

 科学委の報告ですが、IDCR3周目の結果はきちんとまとまったのですかね。前々からわかっていたことではありますが、とりあえず暫定的な数字でもきちんと出してもらいたいものです。メディアを使って宣伝しまくった76万という数字を打ち消すくらいには。あと、日経さん間違えてますが、調査捕鯨(捕獲調査)の結果ではなく(捕鯨船も用いた)目視調査の結果です。

■鯨肉2年連続値上げ シー・シェパード妨害の余波 (6/23,産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080624-00000093-san-soci (リンク切れ)

 ウネスの卸値はキロ4千円ですが、小売価格は云万、横流しされていたらそっくり古参社員のポケットマネー行きだったわけですな。
 SSの所為にされていますが、在庫調整のために自ら減産調整した疑いが濃いとの指摘もあります。管理型捕鯨と安価な鯨肉は両立しません。下げても上げても採算が取れないのだから。国民の血税でもっと補填しろと言ってるんですかね? 実際、海外漁業協力財団からの融資増額を要請する声が挙がっているとのこと。 "商売の慣行"で市場価格外の安値で"土産"をもらってぼろ儲けした疑いのある連中に返還させるべきでは? 筆者はビタ一文出したくありません。あなたは?

 

■商業捕鯨 日本、議論の期限通告 IWC加盟国に「正常化を」 (6/21,共同)
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008062101000434.html

 大型沿岸捕鯨と北西太平洋調査捕鯨(JARPN)の捕獲枠交換は、昨年持ち出された"妥協案"。ですが、"交換条件"にしてくるのは筋違いもいいところ。JARPNは日本政府が勝手にやりだしたものです。これでは、自ら核開発をしておきながら金融制裁解除と核放棄をトレードしようとする北朝鮮のやり方と何一つ変わりません。ザトウ捕獲宣言もまったく同じでしたけど、調査が科学と縁もゆかりもない政治目的を隠すための看板にすぎないことが、この態度からも明白になったといえましょう。作業部会設置が設置されたことで、今年の総会は例年に比べ静穏に始まったものの、昨年に引き続き、日本だけが脱退をふりかざす"最後通牒"を独り勝手に突きつけた模様。会議をひっちゃかめっちゃかにかき回す横暴ぶりを見ても、ますます北朝鮮と見分けがつきませんね。。
 このように、日本側は公海上のJARPNから全面撤退する気はさらさらないようです。問題は、昨年引き換えにすると言ったのが南極海調査捕鯨(JARPA)ではなくJARPNな点。これまでのIWC上での日本政府の姿勢や代表の発言から、日本近海の(小型/大型)沿岸捕鯨よりも、太平洋公海での母船式(調査)捕鯨よりも、明らかに南極海での調査(=実質商業)捕鯨に対して、高いプライオリティを置いていることがわかります。日本近海やその外側の北太平洋上ではなく、規模的にも消費形態からも、伝統捕鯨の主張をまだ$「界に目を瞑ってもらえる余地がないでもない沿岸捕鯨ではなく、よりによってなぜ遠く離れた地球の裏側での母船式捕鯨操業に拘り続けるのでしょうか? 文化としての正当性だけでなく、南半球のオーストラリアを始めとする反捕鯨国の許容度の点からいっても、ハードルがはるかに高いのに。操業コストだって余計にかかり、その分を税金で穴埋めしているというのに。
 合理的に判断するなら、JARPAこそ真っ先に切り捨てるべき対象でしょう。「南極での捕鯨をやめる代わりに、沿岸を認めてください」と、その一言を会議の席上で日本政府が唱えさえすれば、IWCの現在の混乱は一挙に解決に向かうはずです。米国も英国もオーストラリアもNZも、GPやWWFも、あのC・W・ニコル氏も、日本政府の姿勢を高く評価し、サンチアゴの会場は日本を絶賛するムードで包まれることでしょう。一部の過激な団体には好きなだけ吠えさせていればよろしい。
 なぜそれができないのでしょうか?
 双方に利のある最善・最適の解決策から頑なに目を逸らし、日本が異常なまでに南極に固執する裏には、一体どのような政治的意図が隠されているのでしょうか──?
 筆者は、戦前の貪欲な拡張主義の亡霊を垣間見たような気がします。世紀が変わった今もなお、この国に「物量の差で敗けただけで大義は今なお健在だ」とするファシズムの残滓が漂っているなら、米国にねじ伏せられたという怨嗟の記憶がくすぶり続けているなら、これは世界にとって大変由々しき事態です。捕鯨議連の議員、食文化を守る会に加入している文化人、言論人の右傾度が、政界・言論界全体と比較してどの程度の傾きなのか、"計測"する必要がありそうですね。
 いずれにしろ、内外の社会学者・政治学者の手で、捕鯨ニッポンの南極に対する異常な固執の背景、政治心理をきっちり解析してもらうことは、IWCの将来を見据えるうえでも必要不可欠な作業となるでしょう。
 もちろん、戦前の悲惨な国家体制に戻るというのは、政治がどう引っ繰り返ろうとあり得ない(あってはならない)話です。現実問題として、南極海を自国の領海に組み入れたり、鉱物や石油を含む資源への権利を主張する道があるわけでもないし・・。いくら野生動物の死体を吊り下げた船団を、縦横無尽に走り回らせて世界に誇示しようとも。
 あるいは、せめて誰も文句を言わない──というより、さんざん文句は言われてるけど耳を貸さず、「どうだ、誰にも制止できまい」と、捕鯨を続けることによって慰めを得ているだけ、という見方もできなくはありませんが・・。
 大型の野生動物を千頭以上も殺すアグレッシブな活動、世界の抵抗にめげずにわが道をいく"海の男たち"の姿、こと捕鯨という分野に限っては自分たちが資源を占有しトップを走っているのだという妄想めいた感覚──。
 「南極のクジラは俺たちのもの」と、世界に向かって声高らかに謳い上げることが、国内の保守層のフラストレーション解消手段としてぴったりフィットしたということかもしれません。アングロサクソン・コンプレックスから自由になれない彼らにしてみれば、NGOの抗議や海外の市民の渋面さえも、高級料亭で鯨肉料理をつつきながら溜飲を下げる酒の肴のつもりなのでしょう。チベット弾圧にエールを送る最近の若い中国人の熱烈な愛国感情の発露にも、通じるものがありそうです。
 きわめて深刻なのは、それが日本人全体の総意であると判断されることです。世論調査の結果を見ても、日本人の7、8割は「南極からの撤退」を支持しています(業界サイドの誘導的な世論調査では賛成派が多数ということになってますが、「南極での捕鯨を続けたほうがいいと思いますか? それともやめたほうがいいと思いますか?」という前置きナシの単刀直入な設問を用意する気はないようですね・・)。「南極のものはオレのもの」という、1億総ジャイアンな国民だなんて、一体誰が世界に思われたいでしょう?? ごくごく一握りのウヨウヨさんたちを除いて・・。

 さっさと南極から撤退しましょう。日本が北朝鮮のように世界から危険視される前に。亡国の道を歩む前に。
posted by カメクジラネコ at 00:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
国連食糧農業機関が先月末、家畜、特に牛が世界一の環境破壊者となったという調査報告を発表した。
 Livestock’s long shadow,06.11.29
 http://www.virtualcentre.org/en/library/key_pub/longshad/A0701E00.pdf

 しかし、報告は、家畜、特に牛部門のこのような急速な成長は、
気候変動、森林、野生動物にとっての最大の脅威となっており、さらに酸性雨から外来種の導入、
砂漠化から海洋におけるデッドゾーンの創出、河川や飲料水の汚染から珊瑚礁破壊など、
現在も最も深刻な環境問題の最大の元凶の一つになっていると言う。
 この調査は、牛だけでなく、羊、鶏、豚、山羊が引き起こす環境問題も調査している。
しかし、ほとんどすべての環境問題への最大の寄与者は、世界で15億頭を数える牛だという。
 主に反芻動物に帰せられる家畜部門からの温室効果ガスの排出量は、
人間活動で排出される温室効果ガスの18%を占め、自動車や飛行機、
その他のあらゆる輸送手段から排出されるすべてを合せた量よりも多い。
 家畜部門から排出される二酸化炭素は、飼料作物栽培のための肥料生産、農場での家畜飼育、
その輸送、放牧地造成のための植生刈り払いなどの土地利用とその変化も考慮すると、
人間活動により排出される二酸化炭素の9%を占める。
それは、二酸化炭素の296倍の温暖化効果をもつ人間活動由来の窒素酸化物の65%も生み出す。
さらに、主に反芻動物の消化器から生み出される人間活動由来のすべてのメタン
(二酸化炭素の23倍の温暖化効果をもつ)の37%も生み出す。
 家畜は、酸性雨の主な原因であるアンモニアを始めとするその他100以上の汚染ガスも排出し、
家畜からのアンモニアの排出すべての排出の3分の2を占める。
 牧畜は世界中で森林破壊の主要な張本人となっており、
過放牧は世界のすべての草地と放牧地の5分の1を砂漠に変えた。

グリーンピースがこの問題をスルーするのはなぜか?
Posted by asd at 2008年06月25日 20:50
鯨と食物連鎖

http://luna.pos.to/whale/jpn_zat_foodchain.html

このような事から、冒頭の「鯨は食物連鎖の頂点」という言い方は、
かなり誤解を招く言い方である事が言えると思う。
大型魚類を食べる一部の歯クジラ類はかなり高い段階にあるかも知れないが、
鯨類が共通の食物段階にいるわけではないのであり、
地球上で最大の動物として賛美されるシロナガスクジラなどは、
「頂点」という言葉によって一般の人々がイメージするよりは、
食物連鎖上はるかに低い位置にいるわけである。
また、最近よく話題になる環境汚染物質の体内への蓄積という点では、
問題になるのは食物段階が下から何番目かという点になるはずであり、
そうなると議論は鯨の種類ごと、
あるいは生息域ごとの餌の違いを抜きにしては論じられないはずであるが
(さらに体の部位によって蓄積の度合いが全然違うから鯨製品ごとに論じる必要もある)、
反捕鯨国での報道をネット上でみるかぎり、
「鯨の体内から高濃度の汚染物質が発見」というレベルにとどまるものが多く、
詳細を伝えない事によって鯨であればどこで捕れたどの鯨のどの部位の食品でも
危険であるかのような印象を持たせようという意図が見え見えである。
Posted by 鯨と食物連鎖 at 2008年06月25日 20:52
お忙しいところ再レスありがとうございました。
>言う必要はないとおもいます
GPの今後の為にも言ってあげた方がよいかと。
捕まったのにまだ「窃盗罪」認めないでゴネてるし。「GPの今回の所業は窃盗罪」と認識済みの私にさえ念を押したのですから、未だ認識できない彼らにこそアドバイスが必要では?お解りの通り反GP系の私が言っても無理ですが、シンパのあなたの言うことなら耳を傾けると思いますけど?

>擁護はしません
「不正を暴くためでも窃盗は窃盗」です。何より横領疑惑は否定されてますから、「不正を暴いたことを評価」というのは筋違いでしょう。それでもGPの主張に乗っかるなら、それは充分「擁護」ですけど…。

そうそう、「レスに対する再レスは最新ページにって書いたでしょ!?」的にキレてましたけど、炎上初日ページに書いてありましたっけ?読み返してみたけど無かったような…(見落とし?)。

追伸
差別用語禁止設定をした張本人がゴミウヨとか書き込むのは感心しませんが……。
Posted by Q at 2008年06月26日 01:01
>asdさん
問題があると思ったらなんで自分が行動しないの? NGP立ち上げたら? 応援するよ。ていうか私はベジなんだけど・・
GPは別に何でも屋じゃないからねぇ。今抱えてる問題で手一杯でしょ。君が少し調べることさえすれば、取り組んでいるNGOはいくらでもあるから、GPに負けないくらい活動して成果を出せと全力で応援したらいかがですか?
まあせめて個人でHPでも解説して多くの人たちに家畜の問題を知ってもらう行動から始めたらどうですか。私と同じようなライフスタイルを選択するのも一歩だとは思いますが。
牛の問題に取り組んでも捕鯨の問題は解決しないから、それは誰かがやらなければならないことだけど。

>鯨と食物連鎖さん
食物連鎖の階梯が少ないだけで、頂点は頂点なのですよ。そのサイトの方の表現は、残念ながら生物学的には正しくないです。下から何番目かは大きな問題ではないですよ。サイズと寿命が問題なので。あなた方の一番の問題点は、環境化学の観点がゼロなことです。あなた方の口に入るものの汚染度なんてどうでもいいんですよ。
詳細はこちらのページをまずお読みになってください。何かわからないことがあればいつでもどうぞ。喜んでお答えします。ただし全部目を通してからにしてくださいね。
http://www.chikyu-to-umi.com/kkneko/osen.htm

>Qさん
私はシンパではありませんし、窃盗罪かどうかに関心がありません。私があなたの言葉に耳を傾けて彼らが耳を傾けないという根拠はなんですか? 私のブログにカキコミできる人がなぜ直接コンタクトする勇気を持てないのですか?
横領は出発点に過ぎませんから。横領も事実だとは思っていますが。あなたの言葉より内部告発者の方の言葉のほうが私にとってははるかに重いので。調査捕鯨の抱える様々な問題点が浮き彫りになったのも確かですし。いまIWCで議論されていることですから、心配はしていません。
見落としでは? 引用は正確に。できなければ引用しないことです。1日80カキコミも1人の人間がボランティアで一つ一つ対応するのは、それだけでも大変なワークロードがかかるのですよ。「お忙しいところ再レスありがとうございました」という言葉、ただの飾りなのですか。
ゴミウヨは別に差別用語ではないですし。個人名を間にスペースを入れてねじ込んだり、私が設定した禁止差別用語を文字替えしてきたり、そういう腐った真似をする連中をゴミウヨと呼んでいるのです。Qさんがそうだとはいいませんよ。というより、ゴミウヨ化しないことを望みます。。
Posted by ネコ at 2008年06月26日 02:30
「レスに対する再レスは〜」の件。
炎上初日の最初のレスには書いてなかった、です。2度目のレスで「最新ページに」的カキコがあったことは承知しています。念のため訂正。
Posted by Q at 2008年06月26日 16:13
直前のカキコの際、あなたのレスが表示されておらず(されていれば当然対応して書きます)頓珍漢なカキコになった事をお断りします。

1)「GPが耳を傾けない」の根拠
あなた自身がリンクを張った読売オンラインの記事などを見る限り「言うだけ無駄」でしょう。

2)直接コンタクトしない理由
あなた程ではないにせよ、私の時間も限られていますから100%無駄とわかる事はやりません。
頭から「敵認定」される私の「ダメだし」より、少なくとも「反捕鯨」の同志の「アドバイス」の方がGPも受け入れやすいだろうと思うので。

3)シンパじゃないとおっしゃいますが
充分シンパだと思います。「窃盗罪」の認識の有無を除けばですが。まぁ、自己認識と他人の評価が完全に一致する事はまず無いでしょうから認識の相違と言うことにしておきます。

4)ゴミウヨは差別用語ではないですし
認識や見解の相違で片付けてもらっても結構ですが、これは「ネトウヨ=ゴミ」と認識していると言うことでしょう。考え方が相反するからゴミ呼ばわりしていい、というのは立派な差別です。元から高飛車なのか、ネットにハマって正常な感覚が麻痺したのか知りませんが、それでは方向性が違うだけで、ネットで暴言を吐き散らすネトウヨと変わりません。御同類ですよ。

もう少しまともな感覚を持った方だと思っておりましたが、私は人を観る眼がないようです。
お忙しいようですのでレスは結構です。私ももう書きませんから。

ごきげんよう。
Posted by Q at 2008年06月26日 17:10
昨日のNHKラジオの朝のニュースでも、得々と「沿岸捕鯨の願出を取り下げて、妥協を引き出す戦略を取っています」と記者が解説していました。

マッチポンプというのか、瀬戸際外交というのか、
日本の外交官も世間の評とは違って、なかなか「したたかな駆け引き上手」ですね(皮肉)

この問題の最悪な部分は、
・政府が外交の舞台で勝手に条件提示し(つまり議会のチェックが入らず)
・そこから期待される合意によって、零細な民間業者を捕鯨から閉め出し
・政府100%出資の会社で事業を独占させる目論みである
点にあります。
へぇ、これが自由主義経済の国がやることか、
と呆れるばかりです。
Posted by デルタ at 2008年06月26日 23:28
>Qさん
頓珍漢なカキコとか、枝葉末節のつまらないことに拘るのやめようよ。雑な対応でごめんね。でも、自分でブログ運営して一度実感してみたほうがいいよ。
ゴミウヨの定義はちゃんと説明したはずですが? 右翼の方でもマナーを守る方はいらっしゃいますし。捕鯨賛成とは限りませんし(面白いロンリの人が多いけど・・)。
ネットで"人を観る目"なんて絶対養えないよ。カキコミ時間みると学生さんだよね。そこまでネットにハマったらアブナイから、ちゃんとリアルな人付き合いしたほうがいいよ。
今度はウヨウヨが沸いてないときにいらっしゃい。

>デルタさん
どうもですニャ〜。
こんなとこでの華々しい演出(?)に外交パワーを注ぎ込んでどうすんでしょうねぇ、この国は(--;; NHKの記者もなんで"得々と"解説できるんだか理解に苦しみますが。。優先順位ひっくり返ってますよねぇ。ますます北朝鮮に似てきた感じだけど、駆け引きのしたたかさでは負けてるのかも(--;
Posted by ネコ at 2008年06月27日 00:51
昨夜はお世話になりました。
ハンドルはサムネを参照のこと、察していただけるとありがたいです。議論が得意ではないのですが、今後ともよろしくお願いします。

1.水銀に関して
メチル水銀等の曝露についてですが、アメリカを主体として鯨食習慣のあるフェロー諸島にて縦断調査が行われました。英語の文献を読んだわけじゃなく、日本語のレポート(秋田大学医学部の抄録)なので真意は定かではないのですが、水俣病のように危険な症状は出ないにしろ成長発達において有意に身体に影響があるということが認められ、その結果、WHOと関連機関の会議にて食品における水銀の摂取量の制限が厳しくなりました。

2.日本の鯨食に対する研究の不十分さ
調査捕鯨の“科学調査”を日本は誇り、市民の中には「日本が調査捕鯨をしているから諸外国より勝っている」なんて見方をされている方もいらっしゃいますが、医食の面からのアプローチは不十分だと私は考えています。確かに水産庁および鯨研は鯨肉は安全であるとデータを出しています。ですが、食は一時的なものではなく、長期に渡ったものですからもっとそれなりの調査が必要だと‥。ネコさんも書かれていらっしゃったと思いますが、やはり商業捕鯨(特に鯨肉を市場に流通)をするための思索がなされていないですよね。

3.立場
私は捕鯨賛成派でも反対派でもありませんが、そもそも二元論で捉えるのが難しく、またそうすべきではないと考えている‥とても優柔不断な立場ですねぇ‥。


閉じてしまったコメントに再度コメントを残してすみません。
Posted by 鳥と娘 at 2008年06月27日 15:02
>鳥と娘さん
とんでもないです〜。いま空いてますし(^^;;
1.水銀
これは日本の厚労省も"渋々"中途半端な勧告を出したもとになったやつですね。。未だに妊婦以外に制限を設ける気はないみたいで。本来ならば、日本が率先して調査を実施して数字を持っていなければならなかった"ハズ"。そして、世界に警鐘を鳴らす立場でなければいけなかった"ハズ"ですね・・。
2.鯨に対する研究
AERAの太地の水銀の記事は、私なんかは上出来だったと思ってるんですが。日本の場合、研究の不十分さもさることながら、いままさに騒がれている「表示がそもそも信用できない」という重大な問題がありますからね。内部告発で多数の鯨体の組織で病変が見つかっていることもわかりましたし、そういうものが市場に流れていないという保証がないわけで。そもそも知らされていない、チェック機能が働いてない、お上が太鼓判を押しても信じられないという状況なのだから。
3.立場
優柔不断どころか、双方から距離をとって客観的立場を保持するほうがよぽど難しいことですよ。どっちか片一方に身を委ねてしまうほうがずっと楽。けれど、それって思考停止に陥ってものが見えなくなりがちですよね(自戒含め・・)。
個人は自分で判断すればいいですが、職業柄公的な立場にあるべきヒト=官僚、科学者、ジャーナリストといったヒトたちは、本来であれば中立を貫く(少なくとも中立の身になって仕事をする)のがスジでしょう。それがまっったくできていないところが、日本側の大きな問題点ではないかという気がしますね。
Posted by ネコ at 2008年06月28日 01:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16352686
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック