2008年06月24日

そっくり偽装──そして、真実を偽ること

◇検証の舞台は海外へ

 いよいよ今年のIWC総会が開幕しました。

■状況打開に作業部会設置へ 国際捕鯨委員会が開幕 (6/23,共同)
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008062301000900.html 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000068-jij-pol (リンク切れ)
■捕鯨報道マスメディアランキング−その2・IWC2008サンチアゴ総会関連報道
http://www.kkneko.com/media.htm#2 

 愛媛新聞を同列1位に追加。まっとうな仕事をこなしてくれるマスコミが日本にもちゃんと存在していることを知るのはうれしいものです。これが正常なんですが・・。引き続き情報求ム。 

■青森地裁、グリーンピース2人の拘留を10日間延長 (6/23,AFP BBNews)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2408839/3065503 
http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20080622oc_html 


 会議直前にしょっぴいて、期間中拘留し続けてメディア(特に海外)への露出を封じ込めるというわけですか? 本人たちがカメラの前に出ると、世論喚起のインパクトがすごく大きいですからねぇ。いや、青森県警さん。実に見事なお手前で。ここまで計算しているとは思いませんでしたわい。未決被告人を犯罪者扱いする日本の拘置所の人権侵害まで世界に再アピールすることにならなきゃいいですけどね・・。
 GPは本当にバカだったと思います。向こうが連携プレイでこれほど姑息で悪辣な手口を連発してくることを読みきれなかった点で。バカといっても可愛いもんですが。


◇そっくり偽装──そして、真実を偽ること

 
飛騨牛偽装、ミンチ用にも消費期限切れ混入の疑い (6/23,読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000047-yom-soci (リンク切れ)


 岐阜県の食肉卸売業者「丸明」が、飛騨牛ブランドの偽装を行っていたことが明らかに。等級のほか、消費期限や産地の異なるものも一緒に混ぜ込み、9割以上は表示を偽って販売していたとのこと。
 さて、この偽装事件、社長に指示された挙げ句濡れ衣まで着せられた元工場長など、従業員の内部告発があって初めて明らかになったことです。
 ワイドショーを賑わしたミートホープからはや一年、それでもこの手の水産会社、食肉会社による食品偽装事件は次から次へとひっきりなしに発覚し、一向に後を断つ気配がありません。うちのブログにも、「鯨肉の規格はJAS法に基づいている」なんて偉そうにコメントを書き込んでいる御仁がいましたが、ろくに監査もしないJAS法の規格なんて有名無実で何の効力もないことは、この事件を例に挙げるまでもないでしょう。そうでなければ、日本で食品偽装なんてそもそも一件も発生しないはずですからね。。
 これがもし、地方の一卸売会社ではなく、億単位の助成金をもらって国から事業を独占的に引き受けている国内唯一の大手企業であったなら、従業員の声など簡単に、完全に握り潰されていたことでしょう。真実を白日のもとにさらけ出すことなど、決してできはしなかったでしょう・・。
 マスコミの追及を受け、逃げ場がなくなった時点で一転する社長のコメント事件発覚後の農水相の歯切れの悪い会見、何もかも、どっかで見た某国策捕鯨会社とそっくりですね。社長は「農水省にすべて話したから後は指導に従う」と述べ、明確な謝罪や事実の釈明もないまま、いそいそと報道陣との会見を打ち切りました。国民の目の届かないところで、一体何の相談したのでしょうか? GP側に証拠隠滅の恐れがあるといって強制捜査に踏み切った青森県警ですが、共同船舶側には水産庁とやりとり(問い合わせというより打ち合わせ、口裏合わせじゃなかったの?)をしている間に、証拠を隠すだけの時間が山ほどありましたね。
 社員のみなさん、あなたの良心の声に耳を傾けてください。自分の人生が終わりを迎えたときに、自分の生き方に胸を張れますか? あなたは会社の道具ですか? あなたは国の道具ですか? 周りの人に流されて、それでいいのですか? 第二、第三の勇気ある人が出てきてくれることを願ってやみません。


◇真実を偽ること・2


■沖縄慰霊の日 首相ら参列し黙とう 知事が平和宣言 (6/23,毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080623-00000007-maip-soci (リンク切れ)
http://d.hatena.ne.jp/dotcom-sengo/20080704/1215146015
 

 6/23、沖縄戦終結。
 組織のために、国のために、歴史をなかったことにしてしまおうとする人たちがいる。
 自分を、他人を、欺いて、真実を書き換えようとする人たちがいる。
 自由に生きることのできない、かわいそうな人たち。

 
posted by カメクジラネコ at 00:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
わがブログにコメントを書いてくれる人は数えるほどもいないのに、こちらは大変にぎやかですね。うらやましいニャー。

檻の中のGPJですが、彼らは最初から逮捕されることを計算に入れていなかったのでしょうか。もし私が指令者だったら、絶対にガイジンを混ぜておいて一緒にまとめて逮捕していただくところですが、日本人メンバーのバカ正直さがモロに出ているのですかね。

個人的には自然保護団体の皆さんの「夜郎自大」と「自己中心的正義感」に好感は持てません。GPはやり方が間違っていると思っています。

ネコさんは熱くならずにクールに論評されたほうが、ネット・ゴミ達に乱入されて精神安定を乱されないですむと思いますよ。
Posted by beachmollusc at 2008年06月24日 09:32
いや〜、"ゴミ処理"に時間食っちゃってろくに巡回もできませんわ(^^;
おっしゃるとおり印象よりお人好すぎるとこがありますねぇ。インターナショナルのスタッフがいたようですが、もっと目立たせるべきでした。
まあ、私もスタンスが違うので距離を置くつもりで「トカゲの尻尾切りに終わりかねない」と寸評入れて傍観決め込むつもりでしたが、「GPも悪いが、調査捕鯨の問題点は糾されるべき」という声があまりにも小さいもんで(特にマスコミ)、これはバランスが悪すぎるなあと。。
ウヨガキどもはうちの庭で遊ばせてやるくらいの方が、"公害"も減るだろうと。しかし、個人名と差別用語を禁止ワード設定したら、クモの子を散らすように逃げていきおったなあ(--;;
Posted by ネコ at 2008年06月25日 01:02
私も、外国人スタッフを入れておけば...っていう案は、すばらしいと思います! しかし、実際、もし、外国人が入っていたら目立ってしまって、ダンボール確保(?)はできなかったかもしれませんよね。

特別GPに肩持つわけではありませんが、力不足だったにせよ、一般人が知らなかった鯨肉の横流れや、廃棄について世間に発表できただけでも、今までになかったことですし、GPとしても、逮捕されたとしても、世の中に伝えることさえ出来れば、と考えたのでは?と思う次第でございます。

国・マスコミ、問題ありありの日本ですが、国民の関心や、判断力がもう少しマトモになったら、国も少しはビビるのでは??? ま、国民性もあるので、無理かな〜?

Posted by Y at 2008年06月25日 11:55
> 個人名と差別用語を禁止ワード設定したら、クモの子を散らすように逃げていきおったなあ(--;;

ただ飽きただけだよ。
じゃ!

最後まで礼儀正しい俺様にほれぼれ
Posted by お別れの挨拶に来ました at 2008年06月25日 23:39
捕鯨反対の運動をするのは自由でも、窃盗していいわけないだろ。
Posted by 鯨食わせろ at 2008年06月25日 23:42
>Yさん
場所が場所だしねェ(^^; 国民性はしょうがないのかもしれませんけど、他の社会問題と比べてもギャップがあるのは悲しいですねぇ。。

>お別れの挨拶に来ましたさん
自分を俺様と呼ぶ根気のない若者にしか応援してもらえない捕鯨業界にちょっぴり同情しました。。

>鯨食わせろさん
逮捕されなかったら、そう言いたくなるヒトがいても理解はできるけどねぇ。何度も言っているけど、私は窃盗そのものがよいとは一言も言ってないよ。
Posted by ネコ at 2008年06月26日 02:04
おっと、GP窃盗(?)に英国人も実は関与していたのか???

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080622/crm0806220208002-n1.htm


なんか、今となっては...ですが...。
Posted by Y at 2008年06月27日 23:02
>Yさん
外国籍持ってる日系人、日本人が適任だったかもしれないすね。。
Posted by ネコ at 2008年06月28日 01:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16315941
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック