2008年06月22日

メディア版捕鯨ヨイショ度ランキング

 HPを更新しました。

■鯨肉横流し事件の全貌解明を
http://www.kkneko.com/yoko.htm
■捕鯨報道・マスメディアランキング──その1・鯨肉横領疑惑・GP職員逮捕関連報道
http://www.kkneko.com/media.htm#1

 報道機関としては"ダメダメで賞"が読売、報道ステーション(昨日の記事参照)、週刊新潮。"まっとうで賞"は東京新聞。(現時点)
 IWC総会開催期間中も、ベーコン電波に毒され、増幅・中継役を買って出るマスコミを監視することが大事です。皆さんも各自見張っていてくださいニャ〜。何か見つけたら当方にもぜひおしらせくださいm(_ _)m

 
■不起訴「理解に苦しむ」=鯨肉横領容疑告発のグリーンピース (6/21,時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000067-jij-soci (リンク切れ)
http://megalodon.jp/2008-0624-1215-16/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000067-jij-soci

 GPJには、ともかく打てる手を尽くしてほしいと思います。 

 さて、今回の逮捕劇、青森県警側が強行逮捕に及んだ理由として「証拠隠滅の恐れ」を掲げたのはナンセンスというしかありません。証拠は東京地検に渡してるのに・・。警察の中でもとりわけ旧い体質のとこに当たっちゃったのかも。。
 非があるとすれば、"あちら側"が最悪の手を選んだ場合のシミュレーションがはたして十分だったのかどうか。まさにそういう結果になってしまったわけですが。昨日の記事でも述べましたが、GP側は捕鯨ニッポンの"良心・良識"と"政治的IQ"を高く買いかぶりすぎたんじゃないか、という気もしなくはありません。
 GP(組織)と筆者(個人)はいろいろ考え方の食い違いも大きく、最初に件の報道に触れたときは「まずいやり方だなあ・・」と舌打ちしたのですが(何よりイタかったのは、勝てる見込みの少ない"共同船舶からの横領"ではなく"横流し"のほうの物証を押えられなかったこと)、一方的に逮捕され、相手側がお咎めなしとなってしまったいまの時点では、むしろ「よくやった!」と喝采を送りたいと思っています。法に触れる形での証拠品確保という手段を賞賛・推奨はしませんが、卑劣な横流しと陰湿な"証拠隠し""口裏合わせ"に比べれば大分マシだと本心から思います。世間が著しくバランスを欠いているなら、その分の埋め合わせはしておかないと。
 何より、今回のGPJのレポートは優れた出来でした。しかし、肝腎の成果の方は、あまりに高くつきすぎた代価に見合っていません。IWCの場で、水産庁・鯨研に姑息な言い逃れを絶対許してはなりません。危険を顧みず内部告発してくれた方の誠意と労力が水泡と化すことは、あってはなりません。
 新聞には共同船舶社長のコメントも掲載されていました。

   「まじめに働いている乗組員や家族を不安な気持ちにさせたことについてグリーンピースは反省して欲しい」

   "大丈夫だ。ボロは出させない。こいつらからは守ってやるから、安心して国と会社に身を委ねてろ──"

 そういうわけですか? 不安ってなに? シーシェパードの物理的妨害に対してはそんな台詞一っ言も出なかったよねぇ。すっごく不思議なんですけど。
 何が不安なの、まじめな社員の皆さんは?
 何かがバレる不安?
 悪いとわかりつつ組織の"慣行"に従うことへの不安?
 "慣行"に背いて捨てられる、弾かれることへの不安?
 不安といえば、出港直前に船内で自殺された方の件、会社として何かコメントはないのですか? 「反省して欲しい」とは、これまた妙に柔らかい物腰ですが(鯨研の今期のレポートに比べても・・)、何かニンゲンとして後ろめたいことでもあるのですか? それとも、ガードはがっちりだから、この先何をやっても無駄だよという自信の表れ?
 社長のコメントと内部告発者の証言、どちらかが真実でどちらかが偽りです。100:0で、筆者は後者を信じます。「土産はない」と既にあからさまな嘘(それともやっぱりこっちが真実なのか・・)を吐いていたこともありますが、一方は持てる者にして組織の歯車であるトップの肩書が吐く脚本どおりの台詞なのに対し、他方はたとえ失うものが大きくとも真実だけは曲げられなかったニンゲンの言葉なのだから。
 まあ、社員の中には経験が少なくあまり事情を知らない若者もいるだろうとは思います。それでも、「お前らにはまだ早い。そういうしきたりだ」と、ウネスを要求されたことを口止めされたにしろ、上申してくれないのは残念な限りですが・・。
 逮捕されたスタッフに対し、一部のマスコミやネットに集う烏合の衆は、ここぞとばかり総"口"撃を加えています。シーシェパードに妨害された分の仕返しとばかり。まるで、シンボル化した捕鯨と自身のアイデンティティを重ね合わせているかのように。彼らの言い分に一切耳を傾けようとせずに。まだ裁判も始まっていないのに。
 正論? 自業自得? 筆者はそうは思いません。
 法治国家? 確かに。
 しかし……この国の法律は完全無欠ですか? 一分の隙もないのですか? 本当は誰も、日本の法律が完璧だなんて思っちゃいないんじゃないですか? マスメディアは法の判断に異を唱えたことが"一度"もありませんか? い・ち・ど・も?? いや、違うでしょ。右左問わず、自分たちの気に入らなければいくらでも批判するでしょ。それこそ毎日のように。ねえ、古舘さん。
 法を軽んじろとは言っていません。しかし、疑いを一切差し挟まない市民、十分な検証を行わずに論じるマスコミは、むしろ法を尊重しているとはいえないのでは? 法とはそもそもヒトを守るためにあるものなのではありませんか? そんなことでは、権力が都合のいいように書きかえたり新たに作ったりしたときに、困ったことになるのは法に守られるハズだった国民ですよ。
 例えば再生紙偽装。例えばトンネル耐震工事偽装。食品偽装のいくつかも。同じように勇気ある内部告発者がいたわけですが、取り上げるマスコミがいたからこそ、広く世間に知れ渡るところとなったのではないですか? 受け皿となるマスコミが、スクープと判断してヒトとカネを投入したが故に(そこに、視聴率がとれる、他社を出し抜けるという功利的な判断が含まれる点も否定はできないでしょう)、あえて違法行為に頼ることをせずに済んだのではないですか?
 もしマスコミが取り上げなかったら、そして、"ならばとやむをえず"たとえ法を犯してでも真実を白昼のもとにさらけだす"方法"を誰かがとらなかったとしたら、どうなっていましたか? 真実はずっと闇に葬り去られたまま、消費者はだまされ続け、いつか食中毒が発生したり、手抜き工事のまま完成したトンネルがくずれて多数の死傷者を出すこともありえたはずです。
 同様の事例は、挙げればいくらでもきりがないでしょう。中には、告発とそれを裏付けるための"行動"がとられてさえいれば、防げた事故・事件も間違いなくあったはずです。電車の運転マニュアル。原発の保守作業。医療過誤。エレベーター事故。ホテルの火災etc.etc.
 GPの直接行動は、筆者の目には「センスがずれてるんちゃうか?」「コストパフォーマンスどうよ?」と思えるものも確かに少なくありません。それでも、NGOの綿密な調査に裏付けられた大胆な行動は、企業の環境破壊活動(しばしば不法、不正行為を含む)を社会に告発するためのものです。日本と欧米との差は実績だけで(どういうパフォーマンスがウケを狙えるかという点では文化の違いも関係しますが・・)、市民の立場から国や企業を監視する必要性について、"価値観の違いロン"がしゃしゃり出てくる余地などありません。
 人命や福祉に関わる問題に比べ、日本において野生動物保護はあまり重い価値を置かれていないということもあるでしょう。筆者にとっては悲しいことですし、この国で人命がどこまで尊重されているかというと疑問を感じる部分もなくはありませんが・・。それでも、調査捕鯨という看板を掲げてウラで行われ続けてきた"社会的不正義"は、誰かが糾さねばならないことだったはず。
 もし、日本という国が、GPだけを悪者扱いして、調査捕鯨の内実に一切目をつぶるならば、それが日本人の国民性なのだ、日本人の体質なのだと、世界中が受け止めるでしょう。
 鏡にしっかりと映っているのですよ。世界中が見ているのですよ。私たちの反応を。

関連ブログ:
Greenpeace のメンバー逮捕の社説を英語版にしないナベツネ機関紙|flagburner's blog(仮)
http://blog.goo.ne.jp/flagburner/e/6cf36cedda547c5a857fc7c79fae89a6

posted by カメクジラネコ at 01:52| Comment(44) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
妄想を垂れ流すのは、そろそろやめにしませんか?
Posted by at 2008年06月22日 02:12
>市民の立場から国や企業を監視する必要性

これは確かに必要だと思います。
しかし、あなたと一般市民の上記に対する価値観の違いは相当な「差」があると認識されてはいかがか?
そう、あなたのおっしゃる日本と「欧米」のように。

今回のGPJがしたこと=建造物侵入、窃盗を組織犯罪として行った(明確な事実)
調査捕鯨の内実=現在調査中(被害者が居ないので横領は無い。これ以上は何も言えない。)


これ以上の事は検察や真の捕鯨業者からの「完全な」内部告発に任せましょう。


GPJは物流という社会インフラの信頼を傷つける行為をしたのですから捕鯨問題と天秤に掛けるのは取りあえず止めておいた方が得策かと。
Posted by AxisOfJustice at 2008年06月22日 03:34
>世界中が見ているのですよ。私たちの反応を。
確実にあなた方のの失望に終わります。
と釣りに言っても仕方ないか。

こんな馬鹿な事しなければまだ建前の自然保護で騙せたのにこれで支援している企業、団体も「カルト」認定間違いないし、海外でわめけばそれこそ「国際化」の嘘もつけなくなるだろう。

今後、GPその他がなんと言おうとGPが絡むだけで相手にされなくなるだろう。
鯨もたとえ絶滅しようと一顧も関心は向かないだろう。
野生動物の保護も「利権」と見られて相手にされないだろう。


Posted by あはは at 2008年06月22日 04:41
何百人もの捕鯨船乗組員には複数の鯨肉横流しルートが存在してるはずです
その事実を把握して公表すれば事件のほころびは簡単そうだ
捕鯨会議の開催中に新たな発覚があるとナイスタイミングですね。
Posted by at 2008年06月22日 08:58

たとえ、そんなものが見つかったとしても
もう、誰も相手にしないだろう
GP=犯罪組織というイメージが確立したし。
Posted by あはは at 2008年06月22日 10:37
ダンボール箱から希少高級ウネス部位が20kgも出たのは氷山の一角でしょう
公品を横領する側、公品を横領される側の関係者は多数いるはずです
捜査の手が及ぶ前に自首するのが自分の地位を守れる最低限の行為かもしれません
吉兆のように叩かれては破滅ですよ。
Posted by at 2008年06月22日 11:23
前回のブログで自分ではまっとうな意見を述べたつもりなのに皮肉で返されてしまったのは残念でしょうがありません。
どうやら貴方には社会常識というものが欠落しているようなので何を言っても無駄なのでしょうね。私は捕鯨に感じて不正だのなんだのは判断しかねますが、少なくとも貴方のブログを読んでいて、とても常識でモノを言っているとは思えません。常識を持っていない方に何を言っても、もはや何も通じないのでしょうね。残念なことです。
Posted by あまつき at 2008年06月22日 12:41
ブログ炎上したら暴緑団シンパの人の援護射撃が始まったようですね。
架空の犯罪をでっち上げ、それを吹聴するのは名誉毀損並びに侮辱罪、架空犯罪の通報は軽犯罪並びに誣告罪だったと思います。
いい加減にあきらめないと、罪を重ねるだけですけどね。
Posted by at 2008年06月22日 12:44
だれが見ても今回はGPが全面的に悪い
擁護できるわけがないし、しないほうが反捕鯨にとっても最良の策だとおもいますが?
必要悪だというならそれをごまかしちゃいけない

まあ反捕鯨にそんなモラルも知性もないでしょうがね
Posted by at 2008年06月22日 15:53
星川氏と同じ思考回路なんですね。
そうやって大儀の元に法律違反でも積み重ねていってください。
Posted by at 2008年06月22日 18:38
グリーンピースのメンバーにも言いたいことですが、あなたにも
「自分だけが正義ではない。周りを良く見て目を覚ませ!」
と言っておきます。

捕鯨推進・反捕鯨という意見の対立は抜きにして、今回のグリーンピースの行動が一般民衆に支持されているのかどうか、良く確認してください。

恐らく、グリーンピースは自らの正義を振りかざして、法を犯す危険性のある危険な集団と認識されている。


昔、赤軍派のシンパだった友人とオウム真理教にハマった友人を思い出し、哀れになりましたので忠告しておきます。
Posted by N at 2008年06月22日 20:42
横領の被害者って誰なんですか?
すごく興味があります。
Posted by 新橋 at 2008年06月22日 20:51
>企業の環境破壊活動

グリーンピースの社会破壊活動については、どう思われますか
Posted by aka at 2008年06月22日 21:00
>さて、今回の逮捕劇、青森県警側が強行逮捕に及んだ理由として「証拠隠滅の恐れ」を掲げたのはナンセンスというしかありません。
>証拠は東京地検に渡してるのに。。
まったくナンセンスではありません。今回の犯罪行為が、GPが組織ぐるみで行ったものか、個人で行ったものか、この点が重要です。そして、組織ぐるみである可能性が高く、その場合の証拠を隠すことを恐れての逮捕でしょう。
今回、GPは組織ぐるみではなく、個人の判断による行動といっていますが、もしそうなら、なぜ最初にGPが告発する際、そのことを発表しなかったのでしょう。また、犯罪でないという各章があるなら、なぜ個人の判断という発表をしたのでしょう? まるで、大企業が犯罪を隠す際のトカゲのしっぽ切りと同じです。
Posted by ポン太 at 2008年06月22日 21:16
グリンピースの勝だよ。
今回のグリンピースの働きが無ければ
国民の皆さんに税金で動いてる捕鯨事業で内部者が
利益品の横領を行ってる事を知ることは無かった。

国策の税金を継ぎ込んだ捕鯨事業の実態は赤字続きなのに
横領し放題の醜い状況だったとは国側も認めたくないので
グリンピース逮捕で御茶濁しをしたのでしょうが
この件は全世界に広まりましたから
Posted by water man at 2008年06月22日 22:01
横領横領って言うけど親告罪だよ。
グリーンピースは見えない相手と戦ってるのかな?
弁護するならそれくらい勉強してこようね。
Posted by live at 2008年06月22日 22:03
>>どこを縦に読むんだ?
Posted by N at 2008年06月22日 22:04
国庫の無利子借り付けや税投入されて運営されてる事業の利益品は誰の物?
そこまで優遇されているのに赤字続きでボーナス出せますか?
地検がどのように判断しようが
漁師におみやげは常識を遺脱している
グリンピースの告発行為に拍手です。
Posted by water man at 2008年06月22日 22:14
税金を使ってるのは調査部分なんだけど。
IWCでなるべく無駄にしないようにって言うことで持って帰ってるんだが。
え、乗船員だけクジラずるいって事?食べたいの?

そのあたり勉強してきてよ、恥ずかしいから。
Posted by LIVE at 2008年06月22日 22:19
国庫や税金等を年間40〜50億円も費やして調査してる模様ですが
食肉として捌く経費はどこから出てるのでしょうか?
まったく理解できない話です。
Posted by waterman at 2008年06月22日 22:29
勉強せず、調べもしなけりゃそりゃ何言っても理解できないでしょ。
自分の無知を晒してるだけってことがわからない?
Posted by A at 2008年06月22日 22:43
逃げ湖上にしか見えません
正当性を主張したいなら
赤字続きの国庫や税金等で運営されてる事業の
利益品をどのような正当性から漁師に配れるのか説明してもらいたい。
等価賃金とするなら内訳をよろしく。
Posted by water man at 2008年06月22日 22:51
とりあえず何処が横領か説明してよ。
あと被害者。
まぁ、説明できないから不起訴なんでしょうけどね。
Posted by LIVE at 2008年06月22日 23:05
逃げ湖上に論点ずらしですか話になりませんね。

上の方に書かれているが
グリンピースが横領と指摘した鯨肉を得た疑いのある飲食店は
ただちにマスコミ等(あえて警察とは書かない)に告発するのが良いね
この事件はグリンピース逮捕で幕引けにはならないでしょう、
それなりの引き摺りを見せると思う。
マスコミから吊るし上げを受ける前に渦中になる疑いの業者等は逆に申し出て護身するべきだな。
Posted by water man at 2008年06月22日 23:23
>グリンピースが横領と指摘した鯨肉
だから誰が被害者なんだ?

>この事件はグリンピース逮捕で幕引けにはならないでしょう
公安が入った時点で緑豆終わりだろ。
Posted by R at 2008年06月22日 23:48
この問題もグリーンピースのこともよく知らないのですが、基本的なことを質問させてください。
どうして日本に環境テロリストの支部があるのですか?暴力団の事務所が堂々と看板を掲げているのと同じことなんですかね?
次は水産庁の悪事を暴くために庁舎の爆破でもするんですか?
Posted by 通りすがりの者ですが at 2008年06月22日 23:54
1) 捕鯨を通して行われている不正の告発

 ⇒「国から委託された捕鯨事業」の成果物である鯨肉は国(国民)の財産であるから
  委託会社や船員が自らのものにする行為は許されないということには同意。

  この点は調査が必要ということには賛成(結果として嫌疑なし、だったが)


2) 1のためには、窃盗も許されるという主張

 ⇒これは理解不能。自らの正義を振りかざした、独善的で危険な行為に見えるが、

  「国有(国民の)財産に損害を与えた委託会社・船員を告発する」ことを目的とした
  行為に対する法解釈には議論の余地がある。
  (「委託会社に損害を与えた、船員の告発」の場合はまた別)

3) 1のような事情があるから、日本政府による捕鯨はよくない!という主張

 ⇒では、民間事業者による商業捕鯨ならばOKですか?


4) 鯨は捕っちゃダメ、という主張

 ⇒絶滅の恐れがないものを、絶滅しないように数を限定して捕獲するのがなぜいけないのか?
  科学的なデータ、裏付けによる議論は?
Posted by N at 2008年06月22日 23:58
>委託会社や船員が自らのものにする行為は許されないということには同意。
>この点は調査が必要ということには賛成(結果として嫌疑なし、だったが)

嫌疑なしで済まない事件です。
まあ今後の進展を見守りましょう
突っ込み所満載、脇甘すぎで、本当に嫌疑なしで納められると思ってるのでしょうか?
Posted by water man at 2008年06月23日 00:13
water man様

>国庫の無利子借り付けや税投入されて運営されてる事業の利益品は誰の物?

→この場合の利益品は国のものですが全て共同船舶が買い付けを行い市場に流通させます。
 流通させるためには決められた大きさで加工しなければなりません。
 JASによって決められた大きさに肉を詰めるのですが、その際に余った商品にならない部位を船員に渡しています。

>そこまで優遇されているのに赤字続きでボーナス出せますか?

→鯨類研究所には5億円/年程度の税金投入はありますがこれを打ち切った場合、商業捕鯨となってしまいます。
 ボーナスという表現は適当かどうかは分かれるところですが渡しているのは商品として流通出来ない端肉ですので何ら問題はありません。
 半年にも及ぶ長い航海で心配させた船員の家族友人に労いの気持ちも含んでいます。
 同じ税金のみで行っている水産高校などのマグロ実習船の実習生も成果物としてマグロ等をお土産として持たせています。
Posted by AxisOfJustice at 2008年06月23日 00:14
違います、水産高校のマグロ実習船は生徒が月謝や実費も納めています、税金や無利子公庫のおんぶに抱っこの捕鯨とは比較になりません。
また、公庫からの無利子融資を受けてる調査捕鯨は
通常の漁業とは違います、家族をねぎらう為に国(国民)の財産を消費させる事はこの場合可能なのでしょうか?
国(国民)の財産となる鯨肉は厳格な管理下に置き
損失した税や無利子公庫を最大限に補填する目的で使わなければならない財産です、私的な転売などの事実があれば厳しく罰するべきでしょう。
Posted by water man at 2008年06月23日 00:32
AxisOfJusticeさん

それでは、どうして5月8日に、水産庁遠洋課課長、成子隆英氏は、船員に鯨肉を持ち帰らせることはないとGPに表明したのでしょうか?

何かの勘違いですか? 

また、過去20年間、調査捕鯨の際に船員に鯨肉の土産が渡されるということを知っていた人はどれくらいいますか? 
Posted by 極普通の日本人 at 2008年06月23日 00:41
water man様

>水産高校のマグロ実習船は生徒が月謝や実費も納めています

学費のことですね。確かに「税金のみ」というのは間違えてしまいました。税金+学費でした。

>家族をねぎらう為に国(国民)の財産を消費させる事はこの場合可能なのでしょうか?

→可能です。そもそも国の財産である肉を共同船舶が買い上げていますので、商品にならない部分を福利厚生の一部としてお土産に持たせるのは何も問題はありません。

>私的な転売などの事実があれば厳しく罰するべきでしょう。

そうですね。そういう事実があれば厳しく取り締まるべきだと思います。
これは農水省事務次官も会見で発言しております。
Posted by AxisOfJustice at 2008年06月23日 00:43
Posted by water man at 2008年06月23日 00:54
極普通の日本人様

>それでは、どうして5月8日に、水産庁遠洋課課長、成子隆英氏は、船員に鯨肉を持ち帰らせることはないとGPに表明したのでしょうか?

→その件に関しましては実際に氏とGPJとのやりとりを文面化したソースが無いのでなんとも答えられませんが。どちらかの認識不足かと私個人は思います。


>また、過去20年間、調査捕鯨の際に船員に鯨肉の土産が渡されるということを知っていた人はどれくらいいますか? 

→私はアンケート会社では無いので正確な統計データを所有している訳ではございませんのでご容赦下さい。
 ただ、私の友人、親戚には水産業に携わっておる者が多数おりますので参考になるかはわかりませんが、旧大洋漁業に勤めていた叔父をはじめ水産関係者のほとんどは、遠洋漁業においてお土産として成果物を船員に配ることは慣習として当たり前の事だったと聞いております。
昔から叔父はお盆や正月になると売れ残ったり、型が小さくて商品にならない高級魚等を大量に持って帰ってくれます。
ですから調査捕鯨の副産物である鯨肉においても、船会社が買い取ってあるのであればそれを船員に渡すことは何ら問題は無く慣習の一つとしてあったと関係者は知っていたのでは無いかと思います。
 そして、今回のGPJの問題によりそういった慣習があるということを国民に広く知れ渡ったのではないでしょうか?
 しかし、それが何か問題が?と疑問を持つ人はどれだけおられるのでしょうか。
Posted by AxisOfJustice at 2008年06月23日 01:04
water man様

そちらのリンクは見れないようですが。
申し訳ありません。

しかし立派に見える工業製品もJIS規格に基づいていなければ国内では流通出来ません。
JASも同じです。
Posted by AxisOfJustice at 2008年06月23日 01:14
そのリンク先は見れませんが、報道で映されていた肉の形は少なくともブロックには見えませんでしたね。

水産庁遠洋課課長の話は佐藤容疑者のブログに掲載されていたものかと思いますが、「船員に鯨肉を持ち帰らせること」自体を否定したわけではなく、「船員が個人的に持ち帰ること」を否定しています。
つまり、会社が与える以外に船員が無料で持ち出すことはないといっているのではないでしょうか。

それと端肉などの売れない部分を船員に与えることは現場であまりに当たり前のことですので、それを「お土産」という表現で認識していなかったとも考えられます。
Posted by N+からきました at 2008年06月23日 01:41
21日は2600、22日は1900アクセスです。いきなりカリスマブロガーですニャ〜。IWC終わるまでだろけどニャ。。
管理者は1日1回しかコメントしないので、カキコミ後はなるべく翌日のほうにコメントをお願いします。
さん付がないときは単なる記入忘れなのでご容赦。。

>AxisOfJusticeさん
ごもっともな意見だと思います。
完全な内部告発は、信用できるメディアがほぼいないのが第一の問題。この方のリスクの高さが第二の問題。やはり誰かが支えないと無理ですわ。
宅配業者に対する罪を問われるのは仕方ないですね。後はまあ、IWCの結果次第ですね。バランスの問題として。

>8:58カキコミさん、11:23カキコミさん 
最低12ルートはあったはずってとこですかね。
罪を犯している自覚のあるヒトは、バレルまではあくまで隠し通そうとしますからねぇ・・そこが厄介。

>あははさん
捕鯨業界サイドの犯罪には目をつぶるスタンスということで理解しました。

>あまつきさん
削除した分も含めて1日80カキコミを相手にしてるんで、贅沢を言わないで下さいよ。園児2クラス分ですよ。子供電話相談室じゃないんですから。こっちもボランティアで相手をしてあげてるので・・。

>Nさん
組織や個人を崇拝するのはイカンですねぇ。旧日本軍や北朝鮮やオウムや○○学会や赤軍やアルカイダになっちゃいますねぇ。
私は一匹狼(ネコ)なんで。HPにもブログにも何度か書いてますが、GPとは立場も考え方も違いますし、付き合いはまったくないんで。ただ、今回の件では私個人の判断ででかしたと言ってるだけ。お前さんたちの犠牲のおかげで捕鯨サークルの悪事がいろいろバレたと。ま、IWCの結果を待つだけです。

>新橋さん
昨日の私のコメントご参照。

>akaさん
ケースバイケースです。思うだけね。

>ぽん太さん
捜査の成り行きを見守りましょう。意外な展開になるかもしれませんよ。

>LIVEさん
論理のすり替えですよ。公金を私物化していい、調査捕鯨に切り換えたあと商業捕鯨時代の慣行を続けていいなんて誰も言ってません。「問題がある」とはGPの記者会見直後の農水相や事務次官も言ってましたがねぇ。中でも高価な部位、量と転売が問題。IWCで厳しく追及されますから、ご心配なく。

>通りすがりの者ですがさん
環境テロリストが日本にいるとは私は知りませんので、国にでも聞いてください。

>N(23:58)さん
1)地検は残念ながらあなたの同意した理由で嫌疑なしとしたわけではありません。
2)私は別に無罪とまでは言ってませんがね。相手が裁かれないのであれば不公平すぎると言ってるだけ。
3/4)ブログの上のリンクから当方のHPをご参照。

>AxisOfJusticeさん
日本のJIS、JAS規格って監査がいい加減だから不正し放題なんですよ。ニュースにも何件かなったでしょ。ググってみてください。
日本政府の捕鯨への税金投入は補助金+研究助成費+海外漁業協力財団融資でしめて年間20億円以上なんですよ。
ソースがないと書く前に、GPと水産庁に直接問合せるように。

>N+からきましたさん
ブログよりレポートを読みましょう。あとそれは高値で取引されるウネスです。

>water manさん
お忙しい中ご苦労様です。ご無理をなさらず。
Posted by ネコ at 2008年06月23日 02:28
> ブログよりレポートを読みましょう。

レポートはとっくに読んでますが、それのどこかに私のレス内容を否定できる記述があるのですか?
つまりご同意いただけたということでしょうか。

> あとそれは高値で取引されるウネスです。

それってお土産のことをいってるんですか?
高級部分だろうと端肉は発生します。
畝巣なのがどうかしたんですか?
脈絡がなさすぎてわけがわかりません。
何か精神的な障害をお持ちなのでしたか?
Posted by N+からきました at 2008年06月23日 03:18
このニュースのコメント欄見てみな。それでも分からないのなら、アンタは精神鑑定が必要だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080621-00000047-mai-soci&s=points&o=desc
<グリーンピース>鯨肉持ち去りは現場判断、逮捕不当…会見
6月21日 12時19分 配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000067-jij-soci
不起訴「理解に苦しむ」=鯨肉横領容疑告発のグリーンピース

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080620-00000004-maip-soci&s=created_at&o=desc
グリーンピース 代理人弁護士が正当性主張
Posted by GP氏ね at 2008年06月23日 07:13
>今回の件では私個人の判断ででかしたと言ってるだけ。

泥棒を賞賛してるのか?
Posted by あのねぇ at 2008年06月23日 14:20
「どんな理由があろうと盗みは盗みとして罰せられる」
GP擁護派はこんな簡単なことも教えてもらえなかったのかぁ。親の顔が見たいわぁ。
Posted by アナ at 2008年06月24日 10:34
>N+からきましたさん
あなたのコメント内容にGPのレポートを否定できる記述があるとは全然思わないんですけど。
私やwater manさんは端肉だと思わないし、他の人もそう見る人は少ないと思いますが、あなたはそうでないというだけのことでしょう。2CHで「GPが確保した鯨肉は端肉か否か」というスレでも立てれば?

>GP−−さん
ここって何度も押せるんですね。へえボタンみたい。

>あのねぇさん
泥棒は賞賛しません。

>アナさん
そうでないケースもあるようですが、今回適用されるかどうかは裁判の行方を見なければわからない。それだけのことです。

以上、本日の返答はここまで。以降は最新の記事の下にコメントするように。
Posted by ネコ at 2008年06月25日 01:58
あなたは一体何と戦ってるんですか?
私のレスに対し脈絡なくレポートを読めだの畝巣がどうだのといい始めたのはあなたですよ。

私が言ったのは「船員が鯨肉を個人的に持ち帰っていたこと」の否定です。
レポート内容を否定するために言ったのではないのですから、そのような記述がないのは当たり前です。
だからレポートがどうかしたのかと聞いているのです。

その中の「端肉」という表現に対してけちをつけたのもあなたでしょう。
私はお土産が畝巣だろうが端肉だろうがどうでもいいのです。
ただ今回の鯨肉がブロックに見えないといっただけに過ぎません。
高級部位を配ったところで船舶会社の儲けが減るだけなのに、そんなところにこだわる理由がわかりません。
Posted by N+からきました at 2008年06月25日 11:21
>N+からきましたさん
なんで"私"が"何か"と"戦って"いるようにみえるの? 不正や環境破壊と戦っている人たちもいるけど、私は言論・表現の場としてネットで情報発信してるだけだよ。
「船員が鯨肉を個人的に持ち帰っていたこと」がレポートの内容に書いてあるんじゃん(--; 全然読んでないんだね。私はこの内部告発された人の勇気に感動しただけ。この人の言葉は信用できると深く思った。あなたの言葉はまったく心に響かない。それだけのことだよ。
共同船舶の株は鯨研と関係水産外郭団体が持ってるんだよ。だから、儲けのためじゃないよね。まあ、個人には横流しで高収入を得られる額だけど、売上数十億単位の企業には高級部位ったってケチつける話じゃないけど。そんなところにはGPも私も全然こだわってません。君、GPのコメントと私のサイト、なんにも読んでないじゃん。
調査捕鯨のどこが問題なのかを指摘しただけ。それがIWCで議論されるべきことだし、いままさにされているだろうし、本来はメディアと市民も関心を払うべきことだったと思っているわけです。そういうわけだから、レポートをまず読んでちょうだいよ。こんなものは信用できないとあなたが受け止めるのは、それはあなたの勝手。
Posted by ネコ at 2008年06月26日 01:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16251100
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック