2008年06月09日

ホゲ〜礼賛・・

■房総の夏物語・クジラの揚がる日 (NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版 2008-6)
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/magazine/0806/contents.html

 
 ナショジオといえば、国際的にも権威のある高品位の科学・紀行雑誌ですが、日本語版の編集方針は提携発行元の日本人スタッフの自主性に任されている模様。この記事の場合、編集者と担当した地元在住フリーライターが捕鯨ブンカにぞっこん入れ揚げているのが一目瞭然です。別に捕鯨をトピックとして扱うこと自体はかまいませんが、片方の当事者に一方的に肩入れして美文を垂れ流すだけでは、中立性を貫くことで初めて確立するメディアの"品格"が台無しです。海外のナショジオリーダーが読んだら、というより日本語版でこんな記事が載せられていることを知ったら、きっとびっくりすることでしょう。
 気になったのは、調査員の「今年は雄が多い(つまり雌が少ない)」「胃袋に何も入っていない(つまり餌が少ない)というコメントだけで、後は全部目を通すまでもない、毎度お馴染みのパターンを踏襲した捕鯨賛歌・・。力が抜けてツッコむ気にもならないのですが、2点ツッコミをいれておきましょう。
 ひとつ、こどもに解体をむりやり見学させて、泣き出したわが子に母親が説教するシーン。 
「これをしっかり見とこうね。それで、命をくれるクジラさんありがとうって食べようね」
 本当にその場で母親の口から出たのか、あるいは記者か編集者が勝手に創作したのか、まさに絵に描いたような台本どおりの台詞ですね。そういうのを《きれいごと》っていうんじゃないんですか?
 お母さん。あなたは毎日の食卓に出る命を、同じように真剣に見つめているんですか? 牛や豚や鶏(魚や野菜や米でもいいけど・・)の屠殺シーンを見ているんですか? こどもにもむりやり見せているんですか? もっとも、諸々の"大人の事情"で、見せてくれったって簡単には無理ですけどね、クジラと違って。しっかり見るのは、ありがとうって食べるのは、クジラだけですか? ひょっとしてクジラしか食べない? 結構、それなら何も言うことはありません。食べるのは何でも食べるけど、感謝するのはクジラだけ? それは《差別》じゃないの? 感謝しようがしまいがどのみち殺してるんだから別にいい? それはただの《開き直り》じゃないの? 一体何のための感謝なの? まあ、感謝"だけ"なら誰にだって、いくらでもできますけどね・・・。
 観光ツアーで解体ショーを見学したって、"命"を知ったことにはなりません。ツチクジラがどのような自然の中で生まれ、育ち、どのような社会を営んでいるか、他の生きものたちとどのように関わりを持ちながら暮らしているか、捕鯨業者だってろくに知りもしないのですよ。重油を焚いて鋼鉄の船を駆っても、ツチクジラの本来の住処である千m、2千mの深海に行けもしません。クジラたちの暮らしぶりのほんの一部を垣間見ることすらできません。彼らはただ、どのタイミングで捕鯨砲を発射すればいいかといった"殺しのテクニック"に長けているだけです。
自然と完全に切り離された欺瞞だらけの生活を送りながら、クジラの解体"だけ"を繊細な幼いこどもの目に焼き付けようとするのは、あまりに卑劣です。不合理なオトナのリクツで子供の豊かな感受性を傷つけ、奪おうとするのは、犯罪にも等しい行為です。それでも母親ですか!? 大人として、千葉県民として、筆者は許すことができません。ただのヤラセキャラだとしたら、許せないのは書いたニンゲンだけど。
 もう一つ、若い従業員の「一つの命で多くの人間が食べられる」というコメント。これもだれかに吹き込まれたとおりの台詞のような気がしますが・・。
 犠牲にする命の数が少ないと思い込んでいるみたいですが、それは間違いです──生態学的には。生態系のピラミッドの上位に位置する動物は、それだけ多くの命の支えがあって生きているのですから。その分の命(ツチクジラでいえばたくさんのイカたちの命)がすべて、あなた方の胃袋のために犠牲になったということです。それらの命は、本来なら海の自然の中で循環しているはずだった命なのですよ。還元できていると思っているのですか? 生態学の法則に従って、ニンゲンの個体数を徹底的にシボレというのであれば、あるいは自分たちを海洋生態系のサイクルの中に組ミコメというのであれば、筆者は反対はしません。できるかどうかは保証しませんが・・。何度も繰り返しますが、ニンゲンはシャチではありません。ただの貧弱な草原のサルにすぎないのです。
 伝統のキャッチフレーズはもう聞き飽きました。鎖国時代に戻りたければお戻りなさい。ただし、ノルウェー譲りのキャッチャーボートなど捨てなさい。西洋の文化を全部排除しなさい。とりわけ日本がかつて持たなかった殺す文化を。和田浦・南房総市からコンビニやファストフード店を全部締め出しなさい。そのうえで、好きなだけタレをお食べなさい。
 感謝してきた? 余すところなく利用してきた? いいでしょう。まったくのウソだからホントはよくないけど・・(今までの記事とHP参照)。ところで、命を無駄にしないのはクジラだけなのですか? 日本人の食糧廃棄量は年間2千万トン以上です。何か言うことはありますか? 国際会議の場で、世界に向かってこの数字を堂々と言えますか? 栄養失調で亡くなっている世界中の500万人のこどもたちに面と向かって言えますか? 言・え・ま・す・かっっ!?!?
 あまりに腹が立って胃が痛くなるニャ〜。。。 

関連リンク:
■外房捕鯨ブログ
http://gaibouhogei.blog107.fc2.com/

posted by カメクジラネコ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会科学系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15818015
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック