2008年05月16日

下総史跡めぐり

 本日は1日取材、モヤシベジ中年にはかなり強行軍でありました。。方向音痴なのに自転車で行こうとするからこーゆー目に遭うんだけど。。
 主な訪問先は栄の龍角寺、印旛沼、印旛吉高の大桜と松虫寺(こっちは春にも来たけど)、本埜の龍腹寺。ついでに今日は猫日和でもありました。5匹と遭遇。キジとも(撃たれませんように・・)。後日アルバムをアップするニャ〜。次回作は絵が鍵なのですが、絵心がないと辛い(--; セミプロの絵描きでも雇えれば、苦労はしないんですけどねぇ。。
 そゆわけで、しばらく本業のほうにかかりきるのでHPとブログの更新ボリュームと頻度を下げますm(_ _)m サンチアゴ会合を前にそろそろ"クジラの季節"ではありますが、指示で動いてくれるエージェントも結局つかまらず、やはり発言力を上げないことにはなかなかキビシイので・・・
 
 中国もミャンマーも大変なことになっていますね。よりによって、両方とも民主化度の低い国。犠牲になるのはいつも弱者。地球というのはやはり無慈悲なものです。災害に見舞われた方々も無論心配ですが、災害のときにいつも気にかかるのは被災動物たち。四川省のパンダ保護センターは一応無事とのことですが・・・

 
◇調査鯨肉横領事件

 量がハンパじゃないので、需給調整の一助にしようと"上"がやらせた疑いもあるのでは。それにしてもGP、またアブナイ橋を・・(--; マスメディアが捕鯨教の洗礼を受けている国で、欧米豪流のやり方は通用しません。慎重にやらないと足元をすくわれかねないのですが・・。まあ、下手な対応をすれば外交問題に発展するのは、日本側も同じですけどねえ。
 
<追記>

fuzofumetu.jpg
龍角寺にある不増不滅の石:干天でもくぼみにたまった水が絶えることはないといわれる。
 
sakura2.jpg
吉高の大桜:夏の緑も見目鮮やか。ヤマザクラだが、ここまで樹形の美しいものは全国にも他になかろう。
 
ushi.jpg
松虫姫と牛:住宅地の調整池と化してしまった牛むぐりの池にて。 
 
ryu.jpg
竜のオブジェ:印旛沼周辺の市町村にいくつか見られる。カッコイイ。ちょっとボーリングやってるみたいだけど・・
 
sirokuro.jpg
白黒ニャ〜ン

参考リンク:
■インターネット民話絵本・印旛沼の心やさしい竜
http://www.inbaryu.sakuraweb.com/
posted by カメクジラネコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クジラ以外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14961110
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック