2008年03月25日

レバノンから見える日本

新シルクロード:激動の大地をゆく 祈りの道 アラビア (3/24 22:00〜,NHK)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080324.html

 レバノンといえば有名なレバノン杉。風土的には屋久島と正反対に見えるけど、土壌が痩せているため、あのような大樹に育つのですね。
 杉も見事でしたが……宗派間の対立に巻き込まれて12歳の息子を亡くした父親の、「たとえ息子の命を奪われても、復讐に身を委ねてはならない」という言葉が、何より胸に響きました。いったんは怒りに駆られて銃を手にしながら、内戦時自らもその手を血で染めるうちに、仲間を失った凄惨な記憶が蘇るように。それからは仲間を説得し、子供たちに宗教の違いを越えた和解を訴えているとのこと。自爆テロの起きた晩には、追悼の祈りを捧げようと宗派の別なく1万人もの人々が集まったそうです。

 翻って、日本はどうでしょう?
 日曜の白昼に茨城で痛ましい無差別殺傷事件が起きました。「社会への不満から、死刑になるほどの大事件を起こして目立ちたかったのだろう」といった分析とともに、早くも「死刑で当然」といわんばかりの"有識者"の見解がマスコミで紹介されているようですが・・・
 ここ1、2年で日本の死刑の"基準"はどんどん甘くなり、執行件数も急増しています。
 しかし、「死刑になるくらいの犯罪を犯して目立とう」「どうせ死刑になるんだから、何人殺しても同じ」といった犯罪者の心理に対し、死刑はまったく抑止力につながりません。そういう連中が後悔や反省(ないしそのフリ)をするのは、犯罪を犯してしまった後なんだから・・。死刑制度はむしろ犯罪のエスカレートを助長するだけです。
 被害者の遺族のやりきれない気持ちは、このレバノンの父親と同じように理解できます。しかし、相手を殺せば、殺された被害者が「喜ぶ」とか、「天国へ行ける」というのは、ちょっとおかしくないですか? あなたにとって大切な人は、人の死を喜ぶような人でしたか? 死刑が執行されたその後には、事件自体が世間から忘れ去られ、虚しさだけが残るのでは──?
 筆者も、自分が同じ目に遭えば、間違いなく相手を憎み、「殺してやりたい」と思うでしょう(ヒトの家族はいないけど)。でも、痛みを分かち合うことはできても、復讐心を他人と共有することはできません。それをやってしまったら、行き着く先にあるのはテロや戦争、暴力の連鎖でしかないのです。
 コロセウムを死刑廃止のシンボルにしたイタリア、そして、内戦とイスラエル侵攻の傷跡も癒えないレバノンの人たちが、それでも憎しみを乗り越えようとしている姿に教えられるまでもなく、「目には目を」の制裁は何の解決にもなりません。
 「国民の多数が望んでいる」「人口比では世界の少数派とはいえない」という、日本政府の死刑正当化の理由も、相当ヘンテコな理屈。他の問題では使わないしね、こういう言い方・・。それぞれの国を見ればわかるとおり、死刑制度と治安の直接的な因果関係も証明できません。
 正直、筆者は税金を使って他人に委託する"殺人"はゴメンです。それも、自分は手を汚さずカネだけ出して、誰が手を下したかわからないようごまかす工夫を凝らした上で、密室でこっそり縛り首にするんですよ!? いくらごまかそうとしたって、サイコロの目で決めようが「いっせいのせ」でレバーを押そうが、殺人は殺人です。既に日本国民であるというだけで、老若男女1億みんな、大量殺人者のそしりを免れないわけですが・・・
 現実問題として、裁判員制度が実行されたら、被告・検察・弁護士の"能力"次第で、「真実」からより離れたところで判決が左右される傾向が強まるのではないでしょうか?
 死刑と無期懲役の間にあるあまりにも絶対的な一線を考えれば、個別的で線を引きようのない犯罪の"計量"にはそもそも無理があります。200年とか400年とかでいいのでは?
 そして、一生閉じ込めて、一生こき使って、一生罪を償い続けさせればいいのです。死刑はむしろ、殺す価値もないような最低のニンゲンを、国家犯罪の被害者にしてしまうだけです。
 「死刑より残酷だ」というこれまたトンデモナイ理屈もありますが、「カワイソウなので殺してあげましょう」? それも縛り首で?? 漫画の読みすぎでしょ。。「それだけ重い罪を犯したんだから、一生出してやんないよ、ザマーミロ」で別にいいんじゃないの?
 少数意見でしょうけど(国際的にも倫理上は認められないけど)、死なない程度に人体実験に使うのは、罪のない動物たちを使うよりはまだはるかにマシだとは思いますケドね...
 それに、死刑の判決なんか下したら、裁判員に選ばれたフツーの人は、トラウマになってきっと毎日夜も眠れなくなりますよ? 筆者は「絶対反対」なので最初から除外されるでしょうけど・・。 

 ところで、捕鯨を妨害したシーシェパード許すまじ!と、ネット右翼ばかりか国会議員まで拳を振りかざして「撃沈しろ!」と吠えていますね・・。
 戦火に身を置くレバノンの人たちに比べ、平和なハズの日本人の心が荒みきって見えるのは筆者だけ??
posted by カメクジラネコ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クジラ以外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13086403
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック